ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 現代民事法改革の動向

広島大学公開講座
現代民事法改革の動向
高橋 弘/後藤紀一/辻 秀典/紺谷浩司 編著
現代民事法改革の動向
発 行2001年9月10日
税込定価3,024円(本体2,800円)
判 型46判
ページ数386頁
ISBN4-7923-2397-5
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介
はしがきBR
第一章 消費者契約法
はじめに/消費者契約法の内容/消費者契約法に対する改正要求事項BR
第二章 金融商品販売法
はじめに/金融商品販売法の制定に至る背景/金融商品販売法の概要および特色/説明義務の明確化と説明義務違反に対する損害賠償責任/勧誘の適正の確保/民法、消費者契約法、業法との関係/残された課題BR
第三章 定期借地・定期借家
はじめに/定期借地・定期借家制度の推移/不動産の賃貸借契約/定期借地制度の内容/定期借家制度の内容/定期借地・定期借家制度の意義と問題点BR
第四章 人身侵害・特許権侵害をめぐる損害賠償額の算定
はじめに/人身侵害による損害賠償額の算定/逸失利益の男女格差問題に関する現状と課題/特許権侵害による損害賠償額の算定/おわりにBR
第五章 成年後見
問題の所在/旧制度の概要と問題点/諸外国における成年後見制度の改革/わが国における改革の議論/新成年後見制度の概要BR
第六章 企業結合
はじめに/企業再編の背景/法の展開/企業結合の時代の課題BR
第七章 銀行倒産と預金者保護
はじめに/預金保険法と預金者保護の概要/これまでの預金保険法の改正とその概要/現行預金保険法と預金者保護の現状BR
第八章 非公開会社(プライベート・カンパニー)法制の行方
ベンチャー企業と非公開会社の法環境/わが国の非公開会社をめぐる会社法改正議論/英国のプライベート・カンパニーを巡る議論/わが国の非公開会社法制の将来像BR
第九章 現代雇用関係法改革
雇用社会の変貌と労働法/雇用関係法改革の諸相―その現状と今後の課題―/雇用関係法改革の前提となる労働者像及び基本理念BR
第一〇章 雇用における男女平等と法
はじめに/職場における男女平等実現のための法的仕組み/女性労働者の保護/おわりにBR
第一一章 職務著作―従業員の頭脳は会社のものか?
はじめに/職務著作をめぐる利益の衝突/立法過程/現行法/検討/今後の展望BR
第一二章 新民事訴訟法―改正点を中心として―
はじめに/民事訴訟法の成立まで/改正の理念・目標/民事訴訟法の改正点/現行民事訴訟法による改正の概要/新法による手続規整の特色/法改正の成否を決めるものBR
第一三章 倒産処理の手続―その概観と最近の動向―
はじめに/倒産とは/倒産処理手続の必要性/私的整理/従来の法的倒産処理手続の概要/倒産処理手続に関する最近の動き/倒産処理手続における今後の課題BR
あとがき







プライバシーポリシー | お問い合わせ