ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 犯罪と刑罰 ≪第16号(2004)≫

刑法読書会編
犯罪と刑罰 ≪第16号(2004)≫
<特集>21世紀刑事法の展望
犯罪と刑罰 ≪第16号(2004)≫
発 行2004年6月20日
税込定価1,980円(本体1,800円)
判 型A5版並製
ページ数164頁
ISBN4-7923-1654-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介


≪目次≫
特集
本特集の趣旨 (松宮孝明)
21世紀における新しい刑法典作成の可能性と条件 (松宮孝明)
人種的文化的多様性と刑事司法の役割 (田中康代)
政治的暴力と新しい警察国家の可能性 (前野育三)
心神喪失者法と最近の刑事立法 ―責任主義の帰趨をめぐって― (中山研一)

書評
鈴木茂嗣『刑法総論[犯罪論]』(成文堂・2001年) (浅田和茂)

紹介
ダニエル・J・カプラ 罪責否定証拠へのアクセス:検察官の裁量と(裁判所による)回顧的審査というアガス問題を避ける (光藤景皎)

雑報
刑法読書会の研究活動について (松宮孝明)

編集後記




プライバシーポリシー | お問い合わせ