ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 水資源政策の失敗

水資源・環境学会叢書4
水資源政策の失敗
長良川河口堰
伊藤達也/在間正史/富樫幸一/宮野雄一 著
水資源政策の失敗
発 行2003年10月1日
税込定価2,376円(本体2,200円)
判 型A5判上製
ページ数220頁
ISBN4-7923-8052-9
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
≪目次≫
叢書第4巻刊行にあたって
創刊の辞
はじめに
第I章 長良川河口堰問題とは何か
長良川河口堰問題の沿革/長良川河口堰の目的 ―利水目的の出発と歪んだ治水論―

第II章 長良川河口堰と水資源計画 ―水需給計画の破綻の原因―
はじめに/木曽川水系フルプランの経緯と問題点/東海3県の水資源計画の現状/これまでの水需要予測がなぜ間違ったのか/ウォータープラン21における変化/おわりに

第III章 長良川河口堰と渇水問題
はじめに/渇水対策の選択肢/94年木曽川渇水と以上渇水対策/長良川河口堰の渇水対策機能とその効果

第IV章 長良川河口堰の費用負担における法運用の実態 ―歪められた費用負担システム―
水資源開発公団法における費用負担の仕組/長良川河口堰における費用負担 ―割振の率と額―/都市用水意事業者の経費支弁のあり方 ―地方公営企業による独立採算制―/長良川河口堰開発水の使用実際とその需要見込/長良川河口堰開発水の費用負担の実態 1 ―費用負担者および同意者の歪み―/長良川河口堰開発水の費用負担の実態 2 ―一般会計からの繰入の歪み―

第V章 長良川河口堰の費用便益分析とアロケーション
はじめに/多目的ダム・堰の費用便益分析とアロケーションの原則/多目的ダム・堰の費用便益分析とアロケーションの制度/長良川河口堰の各計画の費用便益分析とアロケーション/おわりに

あとがき




プライバシーポリシー | お問い合わせ