ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 中山研一先生古稀祝賀論文集 第五巻

刑法の展開
中山研一先生古稀祝賀論文集 第五巻
中山研一先生古稀祝賀論文集 第五巻
発 行1997年月日
税込定価7,480円(本体6,800円)
判 型A5判上製
ページ数348頁
ISBN4-7923-1427-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
掲載論文

刑事訴訟におけるデュー・プロセス論の限界(井戸田侃)/
刑法における裁判の役割(田宮 裕)/
カール・エルンスト・ヤルケの例外刑(auβerordentliche Strafe)許容論(藤尾 彰)/
強制処分法定主義と強制処分(山本正樹)/
電話傍受の実体的側面の再検討(久岡康成)/
被告人の防御権と拘置所の戒護権(渡辺 修)/
「間接証拠論」事始め(光藤景皎)/
証拠禁止における仮定的な適法捜査経過の考慮可能性(宇藤 崇)/
上告棄却決定と再審請求証拠(庭山英雄)/
誤判と死刑(福井 厚)/
少年司法の現状と改革への提言(前野育三)/
少年審判補助の実践(比嘉康光)/
ドイツにおける少年警察をめぐる最近の動向(土井政和)/
修復的司法 アオテアロアの少年非行(高橋貞彦)/
ワーカーの立入調査と住居の不可侵(桑原洋子)/
スコットランドにおける犯罪者処遇(三宅孝之)/




プライバシーポリシー | お問い合わせ