ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 物権・債権峻別論とその周辺

物権・債権峻別論とその周辺
赤松秀岳 著
物権・債権峻別論とその周辺
発 行1989年月日
税込定価5,340円(本体4,855円)
判 型A5判上製
ページ数366頁
ISBN4-7923-2125-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
物権・債権峻別論は,現実に生起する様々な具体的問題の障害となっており,物権・債権の原則的区別を維持しつつ,例外を許容し具体的妥当性を持つ柔軟な財産法システムが求められている。ドイツにおける峻別論の由来,その考え方としての構造と問題点,そしてその克服の可能性などを考察するものである。




プライバシーポリシー | お問い合わせ