ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 現代刑法理論の現状と課題

川端博対談集
現代刑法理論の現状と課題
対談者 川端 博
現代刑法理論の現状と課題
発 行2005年8月10日
税込定価3,190円(本体2,900円)
判 型A5版並製
ページ数396頁
ISBN4-7923-1694-4
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介


≪目次≫
1 生命倫理と刑事規制の在り方…(ゲスト・町野 朔)
はじめに/生命倫理と刑事規制の世界的動向/生命倫理と安楽死・尊厳死の問題点/生命倫理と堕胎罪・母体保護法の問題点/生命倫理と臓器移植法の問題点/おわりに

2 構成要件論の現代的課題…(ゲスト・曽根威彦)
はじめに/構成要件論の意義/構成要件論の史的発展/構成要件と類型論/構成要件の機能/構成要件の要素/構成要件の修正形式/実行行為概念と構成要件/構成要件論と法益論/おわりに

3 被害者の承諾の取扱いをめぐって…(ゲスト・佐伯仁志)
はじめに/被害者の承諾をめぐる現在の問題状況/被害者の承諾の犯罪論上の地位と問題状況/被害者の承諾による違法性阻却の根拠と範囲/被害者の処分可能な法益―国家的法益・社会的法益―/承諾の一般的有効要件/被害者の承諾と錯誤/承諾の対象/被害者の推定的承諾/被害者の承諾と違法性論との関係/おわりに

4 正当防衛権の根拠と限界…(ゲスト・山中敬一)
はじめに/正当防衛の正当化の根拠/正当防衛の要件論/対物防衛の取扱い/挑発防衛の取扱い/責任のない攻撃・軽微な攻撃と正当防衛の成否/防衛行為と第三者/おわりに

5 緊急避難論の現在と展望…(ゲスト・奥村正雄)
はじめに/問題の所在/緊急避難の法的性格/法的性格論の問題点/攻撃的緊急避難と防御的緊急避難/自招危難/要件論の問題点/強制による行為と緊急避難/おわりに―緊急避難論の課題

6 結果的加重犯論の現状と課題…(ゲスト・山口 厚)
はじめに/結果的加重犯の意義/責任主義との関係/結果的加重犯の未遂/結果的加重犯の共犯/結果的加重犯論の展望/おわりに

7 中止犯論の現在と課題…(ゲスト・井田 良)
はじめに/中止犯の法的性格(1)―刑事政策説とその射程―/中止犯の法的性格(2)―法律説とその限界―/中止犯の要件/おわりに

8 共犯論の再構築をめざして…(ゲスト・松宮孝明)
はじめに/共犯論の史的展開/共犯論における基本的対抗軸/正犯概念と共犯論/過失犯と共犯/不作為犯と共犯/おわりに

9 罪数論の史的発展と現状…(ゲスト・只木 誠)
はじめに/競合論の歴史(1)―前近代―/競合論の歴史(2)―近代以降―/観念的競合の問題点/罪数論の今日的課題/罪数論の存在意義/おわりに





プライバシーポリシー | お問い合わせ