ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 国際組織と国際関係

国際組織と国際関係
地球・地域・ひと
辰巳浅嗣/鷲江義勝 著
国際組織と国際関係
発 行2003年6月1日
税込定価3,080円(本体2,800円)
判 型A5判並製
ページ数370頁
ISBN4-7923-3178-1
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
≪目次≫
まえがき
略語表
序章 国際社会の諸相 ―時代の流れをつかむ―
戦後国際社会の潮流/冷戦終焉後の国際社会/グローバリズムとリージョナリズムの発展/いま世界市民の求めるものBR
第1部 グローバルな国際組織と活動
第1章 国連の新たな役割の模索 ―内戦への対応から考える―
国連憲章起草者たちが目指した平和/冷戦期の内戦と国連の活動/ポスト冷戦期の内戦と国連の活動/国連の新たな役割の模索BR
第2章 G8サミット(主要国首脳会議)の役割 ―グローバリゼーションの時代に何ができるのか―
国際社会と主要国首脳会議/G8サミットの運営/G8サミットの取り組み/G8に対する評価と今後の展望BR
第3章 国際レジームとしてのWTO ―多角的貿易自由化におけるその機能―
WTOの概略と変遷/規範としてのWTO/「交渉の場」としてのWTO/グローバル化の進展とWTOBR
第4章 世界銀行とNGO ―国際開発問題と反グローバル化運動―
世界銀行/世銀と国際開発問題/世銀を取り巻く国際環境―グローバル化と反グローバル化運動―/世銀とNGO―両者の妥協はあるのかBR
第5章 国際人権と国家の自律性 ―“死刑廃止”外交を題材にして―
死刑廃止外交の形成/トルコのの自律性の低下/欧州諸国の自律性の低下/国際関係における人権BR
第2部 リージョナルな国際組織と活動
第6章 欧州の広域国際組織としての欧州審議会 ―冷戦終焉後の新たな役割―
欧州審議会の設立と冷戦期における活動/冷戦の終焉と欧州審議会の役割変化/冷戦終焉後の欧州審議会の活動/欧州審議会の課題と展望BR
第7章 東アジアにおけるリージョナル化の傾向 ―ASEAN+3の制度化―
リージョナリズムの空白地帯としての「東アジア」/既存の枠組み:APECとASEAN/ASEAN+3の対話枠組み/“Asian Way”の再構築BR
第8章 地域的安全保障と世界の平和 ―新たな国際秩序構築への道―
冷戦下における地域的安全保障/冷戦終焉後の地域的安全保障/欧州の地域的安全保障/新たな安全保障を求めてBR
第9章 EUによる地域統合の試み ―国家主権の移譲と超国家的統治体制―
欧州統合の視座/欧州統合の歴史/統治機構としてのEU/EUの課題BR
第10章 欧州統合の発展と地域の役割 ―グローバル化と地域―
欧州統合と地域/欧州統合に対する地域の取り組み/地域に対するEUの取り組み/統合と分権化の展望BR
終章 国際組織と国家
国際社会の中の国家/国際組織の発達/国家主権の変容と国際組織/国際組織と国家の今後BR
あとがき
参考・引用文献リスト
巻末資料
国際組織概要/年間軍事予算の上位25ヵ国・地域/国家・地域の国際組織への加盟状況
索引





プライバシーポリシー | お問い合わせ