ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 交通事犯と刑事責任

交通事犯と刑事責任
岡野光雄 著
交通事犯と刑事責任
発 行2007年1月25日
税込定価5,170円(本体4,700円)
判 型A5判上製
ページ数282頁
ISBN4-7923-1748-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介


「道路交通法違反の諸問題」と「道路交通法と刑法との交錯」から構成されている。刑法の一般理論を重視する立場から道路交通犯罪を総合的に論じた研究書。学説・判例にも詳細に論及しており、実務家にとっても示唆に富む有益な書。

≪目次≫
第1編 道路交通法違反の諸問題
第1章 指定最高速度違反と法定最高速度違反との関係 ―制限速度違反の故意と過失―
第2章 広路通行車両の徐行義務
第3章 黄色点滅信号と赤色点滅信号の意義
第4章 酒気帯び運転と酒酔い運転
第5章 共同危険行為等の罪
第6章 安全運転義務違反罪
第7章 交通事故と負傷者救護義務
第8章 交通事故と事故報告義務
第9章 ビラの交付と道路交通法
第10章 過失による道路交通法違反の諸問題

第2編 道路交通法と刑法との交錯
第1章 道路交通法違反と緊急避難・過剰避難
第2章 道路交通法違反と違法性の意識
第3章 交通事故と因果関係 ―道路交通法違反と結果の回避不可能性―
第4章 刑事未成年者に対する無免許運転の教唆犯と間接正犯
第5章 ひき逃げと遺棄罪・殺人罪
第6章 危険運転致死傷罪
第7章 速度違反罪と罪数
判例索引





プライバシーポリシー | お問い合わせ