ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > わいせつ罪の可罰性

刑事法研究第五巻
わいせつ罪の可罰性
刑法175条をめぐる問題
中山研一 著
わいせつ罪の可罰性
発 行1994年月日
税込定価5,500円(本体5,000円)
判 型A5判上製
ページ数256頁
ISBN4-7923-1326-0
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介
刑法175条のわいせつ文書等頒布罪は「わいせつ」とは何かという困難な問題を含んでいる。本書は,わいせつ罪をめぐる戦後の判例・学説を歴史的に跡づけることによって,刑法解釈論上の問題点を明らかにしようとしたものであるが,そこにはこの問題をめぐって著者が苦心しながら辿った軌跡が現れている。




プライバシーポリシー | お問い合わせ