ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 民法講義III 担保物権 〔第2版補訂〕

民法講義III 担保物権 〔第2版補訂〕
近江幸治 著
民法講義III 担保物権 〔第2版補訂〕
発 行2007年4月20日
税込定価3,630円(本体3,300円)
判 型A5判上製
ページ数384頁
ISBN4-7923-2511-4
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介
BR〔第2版補訂〕では、会社法改正に伴う条文の移動と、重要判例の追加を行っている。
BR≪目次≫
緒言
序論 担保物権法の基礎理論
「担保」とは何か―債権保全制度―/優先弁済権/担保物権の構成/物的担保の種類/担保物権の通有性BR
第1編 法定担保物権
第1章 留置権
序説/留置権の成立要件/留置権の効力/留置権の消滅/BR
第2章 先取特権
序説/先取特権の種類/先取特権の効力BR
第2編 約定担保物権
第1章 約定担保論(金融担保法序説)
金融取引の基礎/「信用」と「担保」/約定担保物権の構成―質権と抵当権―/金融構造の転換―「間接金融から直接金融へ」/担保理念の変遷/わが国における約定担保制度の発展(図)BR
第2章 質権
質権法総則/動産質/不動産質BR
第3章 抵当権
序説/抵当権の設定/抵当権の効力(1)―効力の及ぶ範囲/抵当権の効力(2)―優先弁済的効力/抵当権の効力(3)―義務違反・抵当権侵害/法定地上権/抵当権と賃貸権/第三取得者/抵当権の処分/共同抵当/根抵当/抵当権の消滅/特別法上の抵当制度BR
第3編 変則担保
第1章 変則担保論
変則担保(非典型担保)の意義/買戻し・再売買予約/不動産の譲渡担保/仮登記担保BR
第2章 仮登記担保BR
第3章 譲渡担保
不動産の譲渡担保/動産の譲渡担保/集合動産の譲渡担保BR
第4章 所有権留保BR
第4章 債権担保
第1章 債権質(権利質一般)
債権質の設定/債権質の効力/債権質以外の権利質BR
第2章 債権の譲渡担保
債権譲渡担保の一般理論/集合債権の譲渡担保BR
第3章 代理受領・振込指定
代理受領/振込指定BR
事項索引
判例索引
条文索引




プライバシーポリシー | お問い合わせ