ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 老松

老松
―ある刑法学者の軌跡―
老松
発 行2001年12月25日
税込定価2,700円(本体2,500円)
判 型46判
ページ数192頁
ISBN4-7923-1573-5
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介
はしがき

第1章 一人の教師として
老松/K君のこと/K君はかくかたりき/らくがき随想/北陸と私 思い出すままに/三つの机/織物/試験委員の先と後

第2章 私としての生き方
刑法と私/四十周年を祝して一言/賭け/明日への提言/法律家と車/阿部さんと私/沖縄の旅/アドルフ・ヒットラー/私の本棚/昔と今

第3章 法律家としての私
論理と実益/学問の自由?/記憶と資料/調書/還暦のお祝い/小川さんと私/解釈の難しさ/人間至るところに問題あり/解釈は穏やかに/切り貼り

第4章 時事評論
ポポロ事件判決に思う/公害犯罪/水と油/尊属殺違憲判決の意味

第5章 海外便り
大学/ハイデルベルク/レーゲンスブルク/ドイツ刑法学会/ドイツのこと、日本のこと/旅行者/市電/ダッハオ/おかね/恩返し/信頼の原則?/法律家はウソつき/曽遊の地ウィーン






プライバシーポリシー | お問い合わせ