ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 犯罪と刑罰 ≪第17号(2006)≫

刑法読書会編
犯罪と刑罰 ≪第17号(2006)≫
犯罪と刑罰 ≪第17号(2006)≫
発 行2006年3月20日
税込定価1,944円(本体1,800円)
判 型A5判並製
ページ数166頁
ISBN4-7923-1720-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

≪目次≫
論説
公務員の政治活動に対する罰則の適用について (中山研一)

特集
21世紀の検死制度を考える起点としての共同研究―その趣旨と意義 (福島 至・反町吉秀)
被拘禁者の死因確定について (勝又義直)
司法解剖の実際 (山本啓一)
事例研究:横浜市営住宅変死事件
事例研究:医療刑務所における看護士暴行事件―刑事施設における死亡原因の究明― (石塚伸一)

雑報
刑法読書会の研究活動について (松宮孝明)

編集後記




プライバシーポリシー | お問い合わせ