ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 犯罪と刑罰 ≪第8号(1991)≫

刑法読書会編
犯罪と刑罰 ≪第8号(1991)≫
犯罪と刑罰 ≪第8号(1991)≫
発 行1991年月日
税込定価1,980円(本体1,800円)
判 型B5判
ページ数
ISBN4-7923-1274-4
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
<特集> 経済犯罪の諸問題
第一部 論説
経済犯罪の諸相 (中山研一)/出資法上の犯罪 (神山敏雄)/無限連鎖講に対する刑事規制について (垣口克彦)/改正不正競争防止法における営業秘密の概念 (荒川雅行)/クレジット・カードの濫用と刑事罰 (大山 弘)/クレジット・カード「濫用」の当罰性について (松宮孝明)/わが国におけるコンピュータ犯罪の動向とコンピュータ・ウィルスについて (加藤敏幸)

第二部 紹介
クラウス・ティーデマン 西原・宮沢監訳「ドイツおよびECにおける経済犯罪と経済刑法(成文堂1990年) (中山研一)/E・ホクステットラー編 板倉・沼野・加藤訳「企業・二〇世紀の犯罪者」(学陽書房1990年) (浅田和茂)

第三部 文献案内
「マネー・ローダリング罪」に関する文献案内 (門田成人)/経済犯罪と刑事手続に関する最近の文献案内 (新保佳宏)

雑報
刑事読書会の研究活動について (松宮孝明)




プライバシーポリシー | お問い合わせ