ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 法と精神医療 ≪第16号(2002)≫

法と精神医療 ≪第16号(2002)≫
法と精神医療学会 編
法と精神医療 ≪第16号(2002)≫
発 行2002年3月30日
税込定価1,650円(本体1,500円)
判 型A5判並製
ページ数98頁
ISBN4-7923-1586-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
≪目次≫
論説
家庭内における病理と児童青年精神医学 (山崎晃資)

シンポジアム「家庭内での暴力」対策における医療と司法の役割

基調講演
家庭内に司法と医療はどこまで入るべきか (前田雅英)

研究報告
米国におけるドメスティック・バイオレンス対策の変遷 ―警察の対応と加害者改善プログラムを中心として― (小林寿一)/少年院被収容者から見た家庭内の問題 (奥村雄介)/家庭内での暴力への警察の取り組み (安田貴彦)/児童虐待における精神科医の役割 (中島聡美)/家庭内暴力への介入のあり方 ―精神科医の立場から― (高橋紳吾)

大会記事
法と精神医療学会規約




プライバシーポリシー | お問い合わせ