ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 犯罪概念と可罰性

犯罪概念と可罰性
客観的処罰条件と一身的処罰阻却事由について
松原芳博 著
犯罪概念と可罰性
発 行1997年月日
税込定価7,920円(本体7,200円)
判 型A5判上製
ページ数462頁
ISBN4-7923-1457-7
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介
犯罪とは,刑を科される行為である。ところが,客観的処罰条件や一身的処罰阻却事由は,可罰性を決定する要素でありながら,犯罪概念には属しないとされる。これらの犯罪への還元を通じて,犯罪論の構成方法と,その要素である行為,構成要件,違法性,責任について再検討を加えたものである。




プライバシーポリシー | お問い合わせ