ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 政策形成の本質

政策形成の本質
現代自治体の政策形成能力
真山達志 著
政策形成の本質
発 行2001年4月1日
税込定価1,980円(本体1,800円)
判 型A5判
ページ数216頁
ISBN4-7923-3164-1
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介
第1章 地方分権が自治体に要請しているものbr
1 地方分権の動き/2 地方分権の背景と自治体( |羆集権型行政システムの制度疲労・◆(册阿垢觜餾歇匆颪悗梁弍・ 東京一極集中の是正・ぁ仝沈豊かな地域社会の形成・ァ々睥霄匆顱少子化社会への対応)/3 中央一地方関係と政策形成能力( |亙分権の要素・◆|羆一地方関係と政策形成能力)br
第2章 政策と政策形成br
1 一般的な政策概念と政策過程( \策という言葉・◆\策過程)/2 目的設定のための政策と手段としての事業(  崟策」とは何か・◆\策なき事業過程・ 事業立案型政策形成・ぁ\策型政策形成・ァ\策形成と事業の関係)br
第3章 政策形成過程の諸段階br
1 問題の発見/2 問題の分析/3 政策課題の設定と政策の策定/4 施策体系の設定と既存事業の検討/5 事業の企画・立案/6 事業決定/7 政策形成における実施の意義( \策実施の考え方と事業実施・◆〇業実施と問題発見・ 第一線職員の役割・ぁー損棆當における自治体の課題)br
第4章 問題発見と政策型思考br
1 問題の諸類型( ’Ъ鰻震簑蝓Ν◆|戯型問題・ 自治体にとって必要な問題発見能力)/2 事業指向型発想と政策指向型発想( ―祥茲旅埓における問題解決・◆\策型問題解決)br
第5章 現代のキーワードと政策形成br
1 パートナーシップ/2 アカウンタビリティと評価/3 分権の受け皿論と市町村合併br
第6章 政策形成に必要な能力と人材養成br
1 コミュニケーション能力/2 情報収集・分析能力/3 その他の能力/4 政策人の養成と人事管理( 々埓における責任の類型」・◆々埓マン・ 政策人)br
あとがきbr






プライバシーポリシー | お問い合わせ