ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > プーフェンドルフの政治思想

久留米大学法政叢書12
プーフェンドルフの政治思想
―比較思想史的研究―
前田俊文 著
プーフェンドルフの政治思想
発 行2004年3月20日
税込定価4,620円(本体4,200円)
判 型A5判上製
ページ数276頁
ISBN4-7923-3187-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介


≪目次≫
第一章 プーフェンドルフの社会契約思想 ―ホッブス、ロックとの比較を中心に―
はじめに―問題の所在―/人間本性および自然状態/社会契約/主権論/おわりに

第二章 プーフェンドルフとライプニッツ ―一七世紀ドイツにおける自然法・国家思想の二類型―
はじめに―問題の所在―/自然法理論―世俗的自然法とキリスト教的自然法―/ドイツ帝国の国制とプーフェンドルフの国家理論/ライプニッツの主権理論と連邦国家論/おわりに

第三章 プーフェンドルフとカーマイケル ―グラスゴウ大学「道徳哲学」講座における大陸自然法学の批判的受容―
はじめに―問題の所在―/カーマイケル、ハチスンにおけるプーフェンドルフ自然法学の批判的受容―ライプニッツのプーフェンドルフ批判と自然神学による自然法の基礎づけ―/プーフェンドルフとカーマイケルの政治思想/おわりに

第四章 プーフェンドルフとハチスン ―自然法体系と社会契約説の比較考察―
はじめに―問題の所在―/プーフェンドルフとハチスンの自然法学体系/自然状態と社会契約/政体論と抵抗権/おわりに

第五章 プーフェンドルフとヒューム ―自然法の道徳的拘束力の根拠としての公共的効用について―
はじめに―問題の所在―/キケロにおける正義と公共的効用/自然法の基礎としての効用を否定する近代自然法論者たち/プーフェンドルフとヒュームにおけるコンヴェンションの構図―エンティア・モラリアと道徳の基礎としてのコンヴェンション―/おわりに―ヒュームは本当に近代自然法思想の破壊者なのか―

補論一 プーフェンドルフの思想的位置づけについて
はじめに―問題の所在―/プーフェンドルフに関する研究史の概観/プーフェンドルフをめぐる二つの対立的解釈/クリーガーのプーフェンドルフ研究/バルベイラックの道徳科学学説史を手がかりに/おわりに

補論二 プーフェンドルフの『ドイツ帝国国制論』について
はじめに―問題の所在―/プーフェンドルフが生きていた当時のドイツの時代状況/プーフェンドルフのドイツ帝国についての国制認識/「ドイツ帝国の病」と国家理性

あとがき
人名索引





プライバシーポリシー | お問い合わせ