ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > カナダの少年司法

南山大学学術叢書
カナダの少年司法
丸山雅夫 著
カナダの少年司法
発 行2006年3月20日
税込定価6,600円(本体6,000円)
判 型A5判上製
ページ数362頁
ISBN4-7923-1714-2
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

≪目次≫
序章 本書の目的と構成
第1部 カナダ少年司法の変遷
第1章 カナダ少年司法システムの成立と非行少年法
はじめに/非行少年法制定の背景と経過/独自の少年司法システムとしての非行少年法/非行少年法の施行状況/むすび

第2章 非行少年法(福祉モデル)から少年犯罪者法(司法モデル)へ
はじめに/少年犯罪者法への転換を促進した要因/少年犯罪者法制定に向けた動き/むすび

第3章 少年犯罪者法とその動向
はじめに/少年犯罪者法の基本的立場と構造/少年裁判の前段階/少年裁判/少年犯罪者に対する処分/費用の分担/少年犯罪者法改正の動きをめぐる動向/むすび

第2部 カナダ少年司法における主要論点
第4章 管轄をめぐる問題
はじめに/少年司法システムの管轄/管轄をめぐる議論/管轄の変更に対する州の反応/むすび

第5章 拘禁処分をめぐる問題
はじめに/非行少年法における拘禁処分/少年犯罪者法における拘禁処分/少年犯罪者法における拘禁規定の改正/むすび

第6章 通常裁判所への移送をめぐる問題
はじめに/非行少年法における通常裁判所への移送/少年犯罪者法における通常裁判所への移送/少年犯罪者法における移送条項の改正動向/むすび

第7章 ダイヴァージョンと修復的司法
はじめに/非行少年法におけるダイヴァージョン/少年犯罪者法におけるダイヴァージョン/むすび

第3部 少年刑事裁判法
第8章 少年刑事裁判法の構造と内容
はじめに/少年刑事裁判法の基本姿勢/犯罪少年に対する裁判外における対応/少年刑事裁判システムの組織/少年刑事裁判手続/判決(法的効果)/拘禁と観護/情報と記録の扱い/むすび

終章 本書のまとめと若干の展望
非行少年法における手続の概要
少年犯罪者法における標準的手続の概要
少年刑事裁判法における手続の概要

事項索引
法令索引




プライバシーポリシー | お問い合わせ