ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 損害賠償法の構造

損害賠償法の構造
藤岡康宏 著
損害賠償法の構造
発 行2002年7月1日
税込定価13,200円(本体12,000円)
判 型A5判上製
ページ数812頁
ISBN4-7923-2403-3
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
≪目次≫
序説 不法行為の全体像
第I部 損害賠償法の構造
損害賠償法の基本構造/損害賠償法の機能/損害賠償法と民法の全体像

第II部 権利保護の諸相
人格権保護の構造 (補論)死者の人格権/家族関係と不法行為/生活妨害における法規範の創造/損害賠償請求と消費者による法の実現/契約と不法行為の協働

第III部 差止による民事救済 ―その基礎的考察―
はじめに/問題の提起/総括 ―ドイツ法および日本法

第IV部 損害賠償と差止の協働
生活妨害の法構造/人格権侵害と差止請求

第V部 損害賠償法の将来像
はじめに/損害賠償法の構造的転換 (補論その一)被害者救済と加害者の責任/損害賠償法と総合救済システム (補論その二)損害賠償と社会保障

第VI部 損害賠償法の内在的発展 ―危険責任(責任保険)から災害保険へ―
序説/西ドイツ現行制度の問題点とその改革/民事責任の機能と限界/交通災害保険への転換/おわりに




プライバシーポリシー | お問い合わせ