ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > オランダの安楽死

オランダの安楽死
山下邦也 著
オランダの安楽死
発 行2006年3月20日
税込定価5,500円(本体5,000円)
判 型A5判上製
ページ数286頁
ISBN4-7923-1713-4
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

≪目次≫
はしがき
解題 (中山研一)

第1章 オランダにおける安楽死問題の新局面 ―オランダ最高裁1994年6月21日判決を中心に
はしがき/シャボット事件の概要/最高裁判所1994年6月21日判決/若干のコメント/結びにかえて

第2章 オランダにおける終末期医療決定と刑法 ―安楽死に関する判例法の展開とその周辺事情
はしがき/オランダにおける安楽死問題の論点/オランダ刑法についての予備知識/初期の判例法とその周辺事情/政治的論議のはじまり/ベセル・トインストラ法案/1984年のオランダ医師会中央委員会の見解/安楽死に関する国家委員会の勧告/判例/政府記録「試案」/政府草案

第3章 オランダ医師会の安楽死に関する新ガイドライン(1995年)
はしがき/安楽死をめぐる状況/安楽死のガイドライン(1995年におけるオランダ医師会理事会の立場)

第4章 オランダのプリンス事件判決をめぐって ―重度障害新生児に対する治療の中止と生命終結
はしがき/重度傷害新生児をめぐるオランダの状況/プリンス事件/アルクマー地裁判決(1995年4月26日)/コメント/アムステルダム高裁判決(1995年11月7日)/コメント

第5章 オランダにおける医師と看護師のための安楽死ガイドライン(1997年)
紹介のためのはしがき/医師と看護人のための安楽死ガイドライン

第6章 オランダにおける最近の安楽死事件判決
はしがき/疼痛緩和と生命の終結 ―アルメロ地裁判決(1997年1月28日)/シャット事件 ―レーワルデン地裁判決(1997年4月8日)/不注意な安楽死の実施(アムステルダム地裁 1997年4月1日)

第7章 ドイツおよびオランダにおける安楽死論議の比較法的考察 ―付・その他の欧米諸国の状況
紹介者のまえがき/安楽死・自殺援助をめぐる欧米諸国の動向/ドイツおよびオランダにおける安楽死論議の比較法的考察

第8章 オランダ安楽死法
はじめに/現在の諸規則と問題点/医師のための特別刑罰阻却事由の規定/注意深さの要件/地域審査委員会の役割の変更/未成年者/意思宣言書/おわりに

第9章 オランダの安楽死 ―新法理由書を中心に
はしがき/要請に基づいた生命終結と自殺援助に関する審査法の理由書/若干のコメント

あとがき
山下邦也氏の経歴
逝去と偲ぶ会
山下邦也氏の研究業績





プライバシーポリシー | お問い合わせ