ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 不法問題としての過失犯論

不法問題としての過失犯論
半田祐司 著
不法問題としての過失犯論
発 行2009年3月20日
税込定価4,950円(本体4,500円)
判 型A5版上製
ページ数220頁
ISBN4-7923-1825-3
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
はしがき
解題…1
第一章違法の統一性論と違法多元論について…25
一はじめに25
二違法の統一性論( 違法一元論) に関する概観25
三違法の統一性( 違法一元論) の射程28
四厳格な違法一元論とやわらかな違法一元論31
五違法多元論( 一般的違法性不要論) の検討38
六おわりに47
第二章過失犯の構成要件と違法性−「許された危険」を素材として−…48
一はじめに48
二因果的行為論における過失の理論49

第三章人的不法論と過失不法の問題点…83
一行為無価値と結果無価値の関係83
二過失犯の不法問題93
三問題の所在−むすびにかえて−109
第四章伝統的違法論と過失犯の正当化…112
一はじめに112
二伝統的違法論の違法観113
三伝統的違法論における過失犯の正当化122
四おわりに131
第五章「許された危険」の理論について−ドイツの見解を中心として−133
一はしがき133
二「許された危険」の戦後の展開134
三「許された危険」の概念内容領域145
四「許された危険」の許容性の根拠149
五「許された危険」と構成要件的結果154

第六章行政犯における過失の処罰…157
一はじめに157
二刑法第八条但書を根拠とする見解158
三刑法第三八条一項但書の「特別ノ規定」を巡る諸見解163
四課題の展望と判例の概評172
五おわりに178
第七章K ・H ゲッセルの「規範と過失犯罪」をめぐって…180
一はしがき180
二基礎づけ181
三過失犯の構造( 違法性・責任) 183
第八章R ・ザイラー交通刑法における行為無価値の意義…198
一はしがき198
二非刑罰化への動きと問題点199
三違法性における結果問題200
四行為無価値による過失犯の違法性の基礎づけ203
五解釈学および刑事政策学からみた事故内在的態度の当罰性206

六おわりに209





プライバシーポリシー | お問い合わせ