ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 市民社会と刑事法の交錯(横山晃一郎先生追悼論文集)

横山晃一郎先生追悼論文集
市民社会と刑事法の交錯(横山晃一郎先生追悼論文集)
市民社会と刑事法の交錯(横山晃一郎先生追悼論文集)
発 行1997年月日
税込定価6,600円(本体6,000円)
判 型A5判上製
ページ数292頁
ISBN4-7923-1453-4
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
掲載論文

まえがき(内田博文)/
刑法の弁証法的解釈について(内田博文)/
侵害原理の「論理構造」(梅崎進哉)/
責任能力の判断基準と<主観/客観>問題(佐藤直樹)/
責任原理の基礎づけと意義(甲斐克則)/
共犯の因果構造(植田 博)/
犯罪報道を支えるもの(佐藤雅美)/
刑事手続における権利の保護(宗岡嗣郎)/
刑事裁判と人間の自由(松生 建)/
刑事訴訟における片面的構成の理論的基礎(平田 元)/
刑事手続における事実認定と科学(吉弘光男)/
訴追理念としての私人訴追主義(鯰越溢弘)




プライバシーポリシー | お問い合わせ