ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > ベトナム北緯17度線の断層

ベトナム北緯17度線の断層
―南北分断と南ベトナムにおける革命運動(1954~60)―
福田忠弘 著
ベトナム北緯17度線の断層
発 行2006年6月1日
税込定価3,850円(本体3,500円)
判 型A5判上製
ページ数266頁
ISBN4-7923-3207-9
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

≪目次≫
序章 本書の目的と構成
本書の目的/「当事者としての南ベトナム」という視点の欠如/南ベトナム解放民族戦線の復権?/表象の限界について/ベトナムにおける資料の公開状況/本書で使用する資料について/本書の構成

第1章 ジュネーヴ会議とベトナム南北分断
第1節 フランスとインドシナ
八月革命とベトナムの独立/フランスのインドシナ復帰/「二つの政府」と国際環境

第2節 ジュネーヴ会議と国際環境
ベトナム労働党の成立/ジュネーヴ会議開催にむけて/ジュネーヴ会議でのベトナム労働党の外交戦略

第3節 ジュネーヴ会議の争点
ベトナムでの停戦と選挙の問題/ベトナムとラオス、カンボジア/柳州会談/ジュネーヴ協定の成立

第2章 17度線の北:半分の解放と社会主義建設
第1節 北ベトナムの解放と国家建設
ジュネーヴ会議後のベトナム労働党の方針/停戦と経済復興/北ベトナムにおける混乱

第2節 ベトナム祖国戦線の設立
ベトナム祖国戦線/政治闘争の限界/統一選挙と国際関係

第3節 ベトナム労働党中央の南ベトナム解放政策
1954年7月から1956年7月/1956年8月から1958年12月

第3章 17度線の南:南ベトナムにおける革命路線お萌芽
第1節 ジュネーヴ会議後の南ベトナム
ゴー・ディン・ジェム政権の強化/武力闘争から政治闘争へ/南部委員会の設立

第2節 南ベトナムにおける革命路線の萌芽
自衛部隊の創設/レ・ズアンの「南ベトナム革命路線」/「南ベトナム革命路線」の影響と評価

第3節 南ベトナムにおける革命運動の新展開
第2回南部委員会議/武装宣伝隊の活動

第4章 15号決議、民衆の蜂起、南ベトナム解放民族戦線の設立
第1節 15号決議再考
15号決議についての評価の相違/第15回中央委員会議/15号決議と中ソ/15号決議とレ・ズアン/

第2節 15号決議と南ベトナム
15号決議と南ベトナム/第4回南部委員会議

第3節 民衆の同時蜂起、南ベトナム解放民族戦線の設立
革命における民衆蜂起の位置付け/民衆の同時蜂起/同時蜂起後のベトナム労働党の政策目標/南ベトナム解放政策と中ソ/南ベトナム解放民族戦線の設立:レ・ズアンとグエン・フー・ト

終章 ベトナム戦争へ

あとがき
参考文献
索引




プライバシーポリシー | お問い合わせ