ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 消費者政策学

消費者政策学
細川幸一 著
消費者政策学
発 行2007年4月20日
税込定価3,240円(本体3,000円)
判 型A5判上製
ページ数310頁
ISBN4-7923-3228-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介


社会科学における19世紀の発見は労働者であり、20世紀のそれは消費者であるといわれる。しかし、労働者政策と違い、消費者政策の体系化や理論化の試みは未だ十分なされていない。本書は、消費者政策学の確立を目指し、既存の学問領域との関係や立法過程・政策遂行過程に言及する始めての書である。

≪目次≫
第I章 消費者政策の基本概念
消費者問題発生の現状/消費者構造と消費者問題/消費者問題と法/消費者政策とは何か

第II章 消費者政策の位置付け
消費者政策と産業政策/消費者政策と競争政策/消費者政策は社会政策か/消費者か、それとも生活者か/消費者政策と「営業の自由」概念

第III章 消費者政策の歴史
はじめに/消費者運動の始動/消費者政策の展開

第IV章 消費者の権利確保の担い手
立法府/行政機関/個人・公益団体等

第V章 消費者政策の分析・評価
消費者法の立法過程/消費者政策の推進体制/まとめ

第VI章 消費者政策体系化の試み
消費者行政の理念型提示の試み/消費者政策の方向性の理念化の試み ―自由、平等、友愛と消費者政策―

資料
消費者基本法(全文)
学習指導要領(平成10年・11年告示)における消費者教育関連項目
索引




プライバシーポリシー | お問い合わせ