ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 保険契約における損害防止義務

保険契約における損害防止義務
―モラル・ハザード防止機能という観点から―
野口夕子 著
保険契約における損害防止義務
発 行2007年3月31日
税込定価6,696円(本体6,200円)
判 型A5判上製
ページ数362頁
ISBN4-7923-2510-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

≪目次≫
序論
問題の所在/考察の対象

第I部 わが国商法660条についての史的考察
第1章 わが国商法660条をめぐる立法史 ―旧商法制定から現行法に至る過程の中で―
はじめに ―旧商法制定から現行商法に至るわが国商法編纂史概観―/旧商法にみる損害防止義務および損害防止費用負担義務規定 ―ロエスレル商法草案から旧商法の公布に至る過程で―/損害防止義務および損害防止費用負担義務にかかる規定の成立 ―旧商法の全面的修正および新商法の成立に至る中で―/小括 ―明治44年の法改正を経て現行商法、その後の動向―

第2章 商法660条をめぐる学説の展開、現状と課題
はじめに/損害防止義務および義務違反の効果/商法660条と損害防止費用不担保約款の有効性 ―損害防止義務と損害防止費用に関する学説の検討から―/小括

第II部 モラル・ハザード防止規定としてのわが国商法660条
第3章 保険契約におけるリスク対応原理
はじめに ―完全競争市場と「契約自由の原則」―/保険市場と保険契約/モラル・ハザード防止策としてみた損害防止義務と窓外防止費用負担義務/小括 ―経済学的分析手法による新たな問題提起―

第III部 各国法制度にみる損害防止義務と損害防止費用負担義務 ―その規定と解釈をめぐって―
第4章 ドイツ保険契約法63条と普通取引約款規制法
ドイツ保険契約法成立過程にみる強行規定の位置づけ/損害防止義務および義務違反の効果/損害防止費用負担義務と損害防止費用不担保特約の有効性/小括 ―法改正への動向を踏まえて―

第5章 中国保険法42条と損害防止費用不担保約款の有効性 ―42条2項の解釈をめぐって―
中国保険法の制定と保険市場の現状 ―WTO加盟後の2002年法改正を踏まえて―/損害防止義務および義務違反の効果/損害防止費用負担義務を規定する中国保険法42条2項の強行性 ―損害防止費用を制限する同項の解釈をめぐって―/小括

第6章 イタリアにおける損害防止費用負担義務規定の強行性 ―民法典1932条による損害防止費用不担保約款の排除―
わが国商法660条とイタリア民法典1914条/損害防止義務および義務違反の効果/1914条2項に定める損害防止費用負担義務 ―1932条による片面的強行規定化と損害防止費用不担保約款の完全排除―/小括

第7章 損害防止義務に関する台湾保険法の規定と約款規制 ―法改正による損害防止費用不担保約款禁止に至るまで―
保険者の損害防止費用負担義務制度の沿革 ―行政命令および法改正による損害防止費用負担義務の強化―/損害防止義務および義務違反の効果/損害防止費用負担義務と保険約款規制/小括

結論―まとめと展望―

判例一覧
文献一覧
初出書誌一覧
あとがき
事項索引




プライバシーポリシー | お問い合わせ