ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 土地・建物間の法的構成

土地・建物間の法的構成
三好 登 著
土地・建物間の法的構成
発 行2002年12月25日
税込定価5,500円(本体5,000円)
判 型A5判上製
ページ数220頁
ISBN4-7923-2412-2
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介
≪主要目次≫
はしがき
第吃堯‥效呂鳩物との関係
第一章 土地・建物間の法的構成序論BR
第二章 諸国における土地。建物間の法的構成
第一節 ローマ法における土地・建物間の法的構成
第二節 フランス法における地上権の法的構成
第三節 イギリス法における土地と建物の関係について
第四節 わが国における土地・建物間の法的構成の淵源についてBR
第三章 わが国における土地・建物間の法的構成をめぐる諸問題
第一節 土地・建物の共有と法定地上権
第二節 特殊建造物の法的性質と公示方法
第三節 公有地上の借地権設定についてBR
第四章 まとめ
第一節 その起源を慣習に求めて
第二節 わが国における土地と建物との関係BR

第局堯‥效呂反∈亙との関係
第一章 序論BR
第二章 土地と立木をめぐる諸問題
第一節 立木と明認方法 ―「栄吉」墨書杉事件―
第二節 立木トラストと明認方法の効力




プライバシーポリシー | お問い合わせ