ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 環境と法

環境と法
牛山 積/首藤重幸/大塚 直/須網隆夫/楜澤能生 著
環境と法
発 行2004年3月25日
税込定価1,728円(本体1,600円)
判 型46判並製
ページ数184頁
ISBN4-7923-9124-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
≪目次≫
1 公害・環境紛争と法 (牛山 積)
公害・環境問題の構図/公害・環境紛争のプロセス/わが国における裁判の新たな段階を築いた四大公害訴訟/その後の展開/行政訴訟/まとめ

2 日本の原子力行政と住民・裁判・世界 (首藤重幸)
はじめに/原子力行政の登場と展開/原発と自治体・住民/原子力規制行政/もんじゅ行政訴訟/もんじゅ行政訴訟の新たな展開/原発の安全審査手続

3 化学物質をめぐる法的問題 (大塚 直)
はじめに/八〇年代までの化学物質関連の法制度/九〇年代後半以降の化学物質関連の法制度/おわりに

4 EU環境法の最近の動向 ―EUは何を考えて環境政策を実施しているのか (須網隆夫)
はじめに/EUの環境政策/第六次環境行動計画/環境法制定に向けた最近の動き/EUは何を考えているのか

5 地域中間団体による自然資源の維持管理 (楜澤能生)
自然保護とは何か/社会的中間団体=「共」的部門と自然保護/地域中間団体と自然資源管理<内発的発展の諸相I>/地域中間団体と自然資源管理<内発的発展の諸相II>/農地の自主管理構想とその法制化/国家の法規制と社会の自己規制/まとめにかえて







プライバシーポリシー | お問い合わせ