ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 心神喪失者等医療観察法の性格

刑事法研究 第10巻
心神喪失者等医療観察法の性格
―「医療の必要性」と「再犯のおそれ」のジレンマ―
中山研一 著
心神喪失者等医療観察法の性格
発 行2005年3月1日
税込定価4,950円(本体4,500円)
判 型A5版上製
ページ数266頁
ISBN4-7923-1666-9
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介

≪目次≫
第一章 触法精神障害者の対策論 ―精神科医の最近の論議の検討―
まえがき/処遇困難患者の対策論/触法精神障害者の対策論/処遇決定への第三者関与論/法学界および実務界の動き/問題点の検討と課題/まとめと最近の動き

第二章 「隠れた保安処分」ではないのか ―刑法から見た法案の問題点―
まえがき/心神喪失者等処遇法案の性格/心神喪失者処遇法案と保安処分/心神喪失者処遇法案と医療保護処分

第三章 触法精神障害者の「強制入院」の正当化根拠について
まえがき/医療保護入院を正当化する根拠/措置入院を正当化する根拠/新法案の強制入院制度を正当化する根拠

第四章 新処遇法案の成立過程とその評価 ―法案に対する精神科医・法律家の評価―
はしがき/法案成立の経緯/三つの案の異動/新法案に対する評価/まとめと問題点/あとがき

第五章 心神喪失者処遇法案の性格 ―保安処分か保護処分か―
まえがき/少年法の対象者と責任能力/心神喪失者処遇法案と医療観察処分/心神喪失者処遇法案と保安処分

第六章 「再犯のおそれ」と「医療の必要性」 ―心神喪失者処遇法案のジレンマ―
まえがき/政府案の「再犯のおそれ」/修正案の「医療の必要性」/まとめと今後の課題

第七章 「再犯のおそれ」 ―法的な観点から―
はしがき/刑法における「再犯のおそれ」/少年法における「再犯のおそれ」/精神保健福祉法における「再犯のおそれ」/保安処分論における「再犯のおそれ」/心神喪失者法案における「再犯のおそれ」/まとめと課題

第八章 二つの顔を持った心神喪失者等医療観察法 ―新法の性格をめぐる評価―
問題の所在/心神喪失者等医療観察法の内容/政府原案および修正案の趣旨説明/賛成論からの評価/批判論からの評価/今後の運用上の問題

第九章 心神喪失者等医療観察法の意義と問題点 ―新法の性格をめぐる精神科医・法律
家の評価―
山上皓論文/北潟谷仁論文/町野朔論文/前田雅英論文/川本哲郎論文/コメント

第一〇章 心神喪失者法と最近の刑事立法 ―責任主義の帰趨をめぐって―
問題の所在/最近の刑事立法の動向との関連/心神喪失者法と保安処分/心神喪失者法と精神保健福祉法/責任主義の帰趨

あとがき




プライバシーポリシー | お問い合わせ