ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 被験者保護と刑法

医事刑法研究第3巻
被験者保護と刑法
甲斐克則 著
被験者保護と刑法
発 行2005年11月20日
税込定価2,750円(本体2,500円)
判 型A5判上製
ページ数218頁
ISBN4-7923-1703-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

≪目次≫
序章 生命倫理および医事法の原点としての被験者保護と「人間の尊厳」
序/人体実験・臨床試験における被験者保護と「人間の尊厳」/新規医療への対応/結語

第1章 「人間の尊厳」と生命倫理・医事法 ―具現化の試み―
序/生命倫理・医事法の問題における「人間の尊厳」の位相/人体実験・臨床試験における被験者保護と「人間の尊厳」/新規医療・人体利用への対応と「人間の尊厳」/結語

第2章 人体実験と日本刑法
序/人体実験の概念分類/日本における人体実験の実態分析/人体事件をめぐる刑法上の問題点/結語

第3章 医薬品の臨床試験とインフォームド・コンセント
序/医薬品の臨床試験の法的位置づけ/医薬品の臨床試験とインフォームド・コンセントをめぐる法的問題/結語

第4章 院内製剤とインフォームド・コンセント
序/院内製剤の実態分析/院内製剤とインフォームド・コンセントに関する法的諸問題/結語―解決のための提言―

第5章 臨床研究・人体実験とドイツ法
序/ドイツにおける臨床研究(試験)の法的コントロール体制/ドイツにおける臨床研究(試験)・人体実験をめぐる法的論議/結語

第6章 ドイツとオランダにおける被験者保護法制の比較法的考察
序/ドイツの被験者保護法制と倫理委員会の機能/オランダの被験者保護法制と倫理委員会の機能/ドイツとオランダの制度比較/結語―日本への示唆

終章 被験者保護制度の行方
序/アメリカにおける被験者保護をめぐる議論の動向/イギリスにおける被験者保護をめぐる議論の動向/日本における被験者保護をめぐる議論の動向/結語


(付録1)アルビン・エーザー
人体実験―その複雑性と適法性について―
研究者の倫理的および法的責任/人体実験およびその法的枠組の複雑性/人体実験の適法性/手続的保証

(付録2)ヘルシンキ宣言
序言/すべての医学研究のための基本原則/メディカル・ケアと結びついた医学研究のための追加原則




プライバシーポリシー | お問い合わせ