ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 口述刑事訴訟法 下

口述法律学シリーズ
口述刑事訴訟法 下
光藤景皎 著
口述刑事訴訟法 下
発 行2005年11月20日
税込定価1,430円(本体1,300円)
判 型A5版並製
ページ数150頁
ISBN4-7923-1701-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

≪目次≫
第二一章 上訴―概説―
上訴の意義/上訴権者/検察官は無罪判決に対し上訴できるか/上訴の利益/不利益変更の禁止/破棄判決の拘束力

第二二章 控訴
控訴審の意義・構造/控訴理由/控訴審の手続―控訴の申立/控訴審の審理/控訴審の裁判

第二三章 上告
上告審の性格/上告理由/上告の申立・上告受理の申立/上告審の審理/上告審の判決/訂正の判決

第二四章 抗告
概説/通常抗告/即時抗告/抗告に代わる異議申立/準抗告/特別抗告

第二五章 再審
再審制度の意義/再審の理由/証拠の新規性と明白性/再審請求手続/再審公判

第二六章 非常上告
非常上告の目的/非常上告の申立/公判/裁判

第二七章 略式手続
概説/手続

第二八章 裁判の執行
概説/刑の執行/裁判の執行に関する救済の申立

あとがき




プライバシーポリシー | お問い合わせ