ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > パターナリズムの研究

熊本大学法学会叢書8
パターナリズムの研究
中村直美 著
パターナリズムの研究
発 行2007年3月30日
税込定価5,830円(本体5,300円)
判 型A5判上製
ページ数336頁
ISBN4-7923-0422-5
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介
BR本書では、現代社会において個人の自律の尊重と保護・支援の必要性との間の葛藤として特に注目されているパターナリズムの問題が、その議論の始まり、概念・正当化の諸理論、具体的な問題例の検討などを通して論究され、「あしきパターナリズム」から区別された「よきパターナリズム」の主張が展開される。
BR≪目次≫
はしがき
I パターナリズムの概念
問題の背景と論点の限定/パターナリズムの概念―諸見解の概観/パターナリズムの概念についての問題点の整理BR
II 法とパターナリズム
はじめに/パターナリズム論議の契機とその後の展開/パターナリズムの種類/問題点整理と定式化/パターナリズムの正当化―正当化されるパターナリズムの要件/むすびにかえてBR
III ジェラルド・ドゥウォーキンのパターナリズム論
はじめに/ミルのパターナリズム批判/パターナリズムの概念/パターナリズムの正当化/おわりにBR
IV J.Sミル『自由論』におけるパターナリズムの位置
本稿の課題/『自由論』の全体の構成/『自由論』における反パターナリズムの主張/反パターナリズムの主張の例外/『自由論』におけるパターナリズムの位置/むすびにかえてBR
V ジョン・クライニグのパターナリズム論
著者および本書の構成/本書の内容の概観/パターナリズムの概念/パターナリズム正当化の諸方法BR
VI シートベルト強制の法理について ―パターナリズムによる正当化の検討のための予備的考察―
シートベルト法規制の経緯/シートベルト強制の法理―その問題点/パターナリズムによる正当化の議論に向けて―むすびにかえて―BR
VII シートベルトの強制とパターナリズム
はじめに/シートベルト強制とパターナリズム以外の問題/シートベルト強制とパターナリズム/むすびにかえてBR
VIII エホバの証人の輸血拒否とパターナリズム ―医療におけるパターナリズムの一考察―
はじめに/エホバの証人の輸血拒否の事例/医の倫理の発展の概観/医師のパターナリズムと患者の自己決定(自律)/パターナリズムの概念/エホバの証人の輸血拒否とパターナリズム/医療におけるパターナリズムの正当化―エホバの証人に対する輸血強制は認められるか?―/おわりにBR
IX 侵害原理、モラリズム、パターナリズムと自律
J.Sミルにおける自由の擁護と侵害原理 harm principle /パターナリズムと自律/パターナリズムの定式―侵害原理及びモラリズムとの区別―/正当化されるパターナリズム―自律の実現・補完―/自律の尊重の道徳と侵害原理、モラリズム、パターナリズム―ラズの理論―BR
X 自律論の検討
はじめに/カントにおける自律論/ミルにおける自律論/ラズにおける自律論/フェイドン=ビーチャムの自律論/若干の考察/おわりにBR
XI ケア、正義、自律とパターナリズム
はじめに/ケアと正義/ケアとパターナリズム/おわりにBR
XII パターナリズムと自律 ―批判に答えて―
はじめに/私の主張/私の主張への批判/批判に答えて/結びにかえてBR
あとがき





プライバシーポリシー | お問い合わせ