ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 実質的犯罪論の考察

実質的犯罪論の考察
山本雅子 著
実質的犯罪論の考察
発 行2007年5月20日
税込定価6,050円(本体5,500円)
判 型A5判上製
ページ数290頁
ISBN4-7923-1764-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

本書の基本たる草野説はその基本思想が牧野説・小野説の中間に位置づけられる見解であり、顕著な主張は「共謀共同正犯論」にある。刑法理論の変革期ともいわれる現今、伝統的思考に今一度目を向けてみることで、理論の突然変異を避け、事物自然の論理性を追及すべく思索された基本書である。


≪目次≫
第一章 違法構成要件論への道程
はじめに/行為論/因果関係の史的展開、及びホーニッヒの客観的帰属論/因果概念の実質的把握/違法実在根拠説としての構成要件論へ

第二章 客観的帰属論―特にロクシンの見解を中心に―
はじめに/相当説、重要説、客観的帰属論の関係/結び

第三章 原因において自由な行為―実行行為時規範的考察説の主張―
はじめに/責任能力の問題/近時の学説検討

第四章 併発事実と法定的符合説
はじめに/併発事実/結び

第五章 共謀共同正犯論
はじめに/問題状況/共犯学説/結び

第六章 予備罪考
はじめに―問題提起/ドイツ刑法における予備罪/予備罪の法的性質/結び

第七章 刑法総則と各則の関係論―その構成原理―
はじめに―問題提起/総則成立の必然性について/総則及び各則の本質について/総則と各則の関係について/結び

第八章 解釈論一考
はじめに―解釈と罪刑法定主義/バウマンの見解及びその他の見解の検討/結び

初出一覧





プライバシーポリシー | お問い合わせ