ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 緊急行為論

緊急行為論
井上宜裕 著
緊急行為論
発 行2007年6月10日
税込定価6,160円(本体5,600円)
判 型A5判上製
ページ数282頁
ISBN4-7923-1769-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

≪目次≫
序論 緊急避難の不可罰性と第三者保護
第1章 わが国における緊急避難論をめぐる問題状況
従来の学説/可罰的違法阻却説

第2章 フランスにおける緊急避難をめぐる議論状況
フランス刑法における正当化原理/フランス刑法における緊急避難論/小括

第1部 強制と緊急避難をめぐる議論状況(日本)
第1章 歴史的展開
旧刑法の成立/旧刑法から現行刑法へ

第2章 強制をめぐる議論状況
従来の学説/違法阻却否定説の登場/小括

第2部 強制と緊急避難をめぐる議論状況(ドイツ・フランス)
第1章 ドイツにおける問題状況
歴史的展開/強要緊急避難をめぐる議論状況/小括

第2章 フランスにおける問題状況
歴史的展開/フランス刑法における強制の理論/小括

結論

附説 強制規定の欠如がもたらす諸問題 ―誤想過剰防衛と刑の減免―
第1章 誤想過剰防衛をめぐる問題状況
判例の動向/学説の動向

第2章 過剰防衛規定の適用(準用)の否定・制限
過剰防衛規定の適用(準用)を否定・制限する見解/自説の展開





プライバシーポリシー | お問い合わせ