ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 被害者学研究 ≪第18号(2008・3)≫

日本被害者学会 編
被害者学研究 ≪第18号(2008・3)≫
被害者学研究 ≪第18号(2008・3)≫
発 行2008年3月20日
税込定価1,944円(本体1,800円)
判 型B5判並製
ページ数110頁
ISBN4-7923-1811-6
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

≪目次≫
巻頭言
経済的支援策の現状と展望 (椎橋隆幸)

基調講演
犯罪被害者と刑事立法 (大谷 實)

論説
今、被害者支援に求められているもの―今後の被害者支援を考えるアンケート調査から― (阿久津照美/野響子)
犯罪被害者支援における司法と医療の連携 (有園博子/中島聡美/小西聖子)
精神科医療機関における犯罪被害者の診療の実態と今後の課題 (中島聡美/橋爪きょう子/辰野文理/小西聖子)

シリーズ・世界の被害者学(第14回)
ドイツにおける被害者支援の現在 (安部哲夫)

共同研究:児童虐待防止に向けて
共同研究の趣旨 (安部哲夫)
児童相談所の立場から (片倉昭子)
児童虐待の防止に向けて―改正児童虐待防止法の改正を中心にして― (相澤 仁)
児童虐待防止に向けての法制度 (岩井宜子)

大会記事
役員名簿
日本被害者学会規約
編集後記




プライバシーポリシー | お問い合わせ