ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 現代ローマ法体系 第八巻

サヴィニー
現代ローマ法体系 第八巻
サヴィニー 著/小橋一郎 訳
現代ローマ法体系 第八巻
発 行2009年6月10日
税込定価10,800円(本体10,000円)
判 型A5判上製
ページ数412頁
ISBN4-7923-0464-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介

第八巻の内容
[Inhalt des achtenBandes]
第三編法律関係に対する法規の支配

§ 344 序説。
第一章法律関係に対する法規の支配の場所的境界
§ 345 概要。
§ 346 人の所属の理由としての血統とラント領域。
§ 347 同じ国における相反する領邦法。
§ 348 異なった国における相反する領邦法。
§ 349 つづき。
§ 350 origo とdomicilium に関するローマの理論。
序説。
§ 351 origo とdomicilium に関するローマの理論。
I.Origo.
§ 352 つづき。
§ 353 origo とdomicilium に関するローマの理論。
II.Domicilium.
§ 354 つづき。
§ 355 origo とdomicilium に関するローマの理論。
これらの関係の効果。
§ 356 つづき。
§ 357 つづき。
§ 358 現代法におけるorigo とdomocilium 。
§ 359 つづき。
§ 360 個々の法律関係への移行。
§ 361 つづき。
§ 362 I.人それ自体の状態( 権利能力と行為能力)。
§ 363 つづき。
§ 364 つづき。
§ 365 つづき。
§ 366 II.物権法。共通の規則。
§ 367 II.物権法。所有権。
§ 368 II.物権法。Jurainre.

§ 369 III.債権法。序説。
§ 370 III.債権法。債権の裁判籍。
§ 371 つづき。
§ 372 III.債権法。場所的法。
§ 373 つづき。
§ 374 III.債権法。場所的法。個々の法律問題。
§ 375 IV.相続法。
§ 376 つづき。
§ 377 IV.相続法。個々の法律問題。
§ 378 IV.相続法。プロイセン法。
§ 379 V.親族法。A. 婚姻。
§ 380 V.親族法。B. 父権。C. 後見。
§ 381 VI.法律行為の形式。(Locus regitactum)
§ 382 つづき。
第二章法律関係に対する法規の支配の時間的境界
§ 383 序説。
§ 384 二とおりの法規。
§ 385 A. 権利の取得。−−原則。
§ 386 つづき。
§ 387 つづき。
§ 388 A. 権利の取得。−−原則の適用。
§ 389 A. 権利の取得。−−適用。I.人それ自体の状態。
§ 390 A. 権利の取得。−−適用。II.物権法。
§ 391 つづき。
§ 392 A. 権利の取得。−−適用。III.債権法。
§ 393 A. 権利の取得。−−適用。IV.相続法。
§ 394 つづき。
§ 395 つづき。
§ 396 A. 権利の取得。−−適用。V.親族法。
§ 397 A. 権利の取得。−−例外。
§ 398 B. 権利の存在。−−原則。
§ 399 B. 権利の存在。−−適用。例外。
§ 400 B. 権利の存在。−−適法性。





プライバシーポリシー | お問い合わせ