ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 民法講義IV 債権総論 〔第3版補訂〕

民法講義IV 債権総論 〔第3版補訂〕
近江幸治 著
民法講義IV 債権総論 〔第3版補訂〕
発 行2009年2月20日
税込定価3,850円(本体3,500円)
判 型A5判上製
ページ数408頁
ISBN4-7923-2554-1
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介
BR第3版補訂では、平成18年に改正された「貸金業法」および「利息制限法」の概要を追録した。BR
FONT COLOR=ORANGE[第3版補訂について]/FONT
この第3版補訂は、第3版に小冊子「貸金業法・利息制限法(2006年改正)の概要」の内容を合本したものです。すでに小冊子の付された第3版をお持ちの方は、同じ内容のものですのでそのままでも問題はありません。BR
BR≪目次≫
緒言BR
第1章 債権法の基礎理論
「債権」とは何か/「債権」の効力の一般理論/いわゆる「不完全債務」論BR
第2章 債権の目的
特定物債権と種類物債権/金銭債権と利息債権/選択債権と任意債権BR
第3章 債権の効力(1)―不履行・義務違反
債務不履行/「信義則上の義務」違反/債権者遅滞(受領遅滞)BR
第4章 債権の効力(2)―不履行・義務違反の効果
履行の強制(強制履行)/損害賠償BR
第5章 債権の効力(3)―責任財産の保全機能
債権者代位権/債権者取消権BR
第6章 債権侵害に対する保護
不法行為に基づく損害賠償/債権に基づく妨害排除請求BR
第7章 多数当事者の債権関係
分割債権関係/不可分債券関係/連帯債務/保証債務BR
第8章 債権譲渡と債務引受け
債権譲渡/債務引受け・契約引受けBR
第9章 債権の消滅
弁済/代物弁済/供託/相殺/更改/免除/混同BR
事項索引
判例索引
条文索引




プライバシーポリシー | お問い合わせ