ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 契約不履行の基本構造

契約不履行の基本構造
民法典の制定とその改正への道
石崎泰雄 著
契約不履行の基本構造
発 行2009年9月10日
税込定価6,380円(本体5,800円)
判 型A5版上製
ページ数300頁
ISBN4-7923-2564-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次
は し が き
第1編 債務不履行法体系の基本構造
第◆1◆章 債権法改正における債務不履行法体系の
基本構造… 3
序… 3
1 民法典の制定過程… 4
2 比較法… 8
3 債権法改正…16
4 小括…27

第2編 瑕疵担保責任と債務不履行責任との関係
第◆1◆章 瑕疵担保責任と債務不履行責任
との統合理論…37
序…37
1 ウィーン国連売買条約(CISG)…38
2 比較法及び比較法の所産としてのドイツ債務法改正委員会草案…55
3 日本法への示唆…73
第◆2◆章 ドイツ新民法(債務法)における瑕疵担保責任の
統合理論… 91
序… 91
1 改正に至る背景… 91
2 瑕疵担保責任の本質を巡る旧法(1900年民法)下での議論… 92
3 一般履行障害法… 95
4 2段階の法的救済システム… 99
5 旧法(1900年民法)下における「追完」の議論…101
6 新売買法における瑕疵担保責任の統合…104
7 小括…115
第3編 契約の解除と債務不履行責任との関係
第◆1◆章 履行期前の不履行と契約の解除…125
序…125
1 英米法における履行期前の契約違反…126
2 旧ドイツ法における履行拒絶…138
3 比較法における履行期前の違反…147
4 日本法への示唆…162
第◆2◆章 ドイツ新民法(債務法)における契約の解除…181
序…181
1 統一法秩序における「契約違反・不履行」概念と
新ドイツ民法(債務法)における「義務違反」概念…182
2 重大な「契約違反・不履行・義務違反」…185
3 履行請求権の排除と解除…188
4 相当な期間の定めと解除…190
5 履行期前の解除…191
6 解除の方式…192
7 行為基礎の障害…193
8 小括…195
第◆3◆章 手付解除…201
機_鯡鷦衂佞醗稾鷦衂佞箸療合論
1 民法557条の制定とその問題点…201
2 手付の種類…212
3 判例にみる手付紛争の争点…216
4 手付の意義と機能…226
5 小括…231
供ゞ畛の判例にみる履行の着手
1 事実の概要…231
2 判旨…233
3 分析と検討…236
4 小括…248
第4編 債権者の不履行
第◆1◆章 受領遅滞の不履行(協力義務違反)
への統合理論…257
序…257
1 立法段階における弁済の提供と受領遅滞…257
2 比較法(ユニドロワ国際商事契約原則・ヨーロッパ契約法原則ほか)
における「弁済の提供」と「受領遅滞」…266
3 現代および今後の日本における弁済の提供と受領遅滞…275
4 小括…284
総括にかえて…289




プライバシーポリシー | お問い合わせ