ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 国際刑事裁判所の研究

国際刑事裁判所の研究
国際刑法研究 11
森下 忠 著
国際刑事裁判所の研究
発 行2009年9月1日
税込定価7,020円(本体6,500円)
判 型A5版上製
ページ数338頁
ISBN4-7923-1840-6
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目   次
はしがき
序章 ニュールンベルクからデン・ハーグまで…1
まえがき…1
第1節 ニュールンベルク裁判…2
1 裁判所の創設,構成,管轄犯罪…2
2 裁判に対する批判点…3
3 判決とその影響…4
〔機諭“宗 〃茵4)  〔供諭“酬茲留洞繊4)
第2節 東京裁判…5
1 管轄犯罪,裁判官…5
2 裁  判…6
第3節 アド・ホック法廷…8
機ゝ譽罅璽換餾欸沙法廷…9
1 国連安保理による設置…9
2 法的な問題点…10
供.襯錺鵐盛餾欸沙法廷…12
1 管轄犯罪,裁判官…12
2 裁  判…13
第4節 国際刑事裁判所…14
1 ローマ会議までの歩み…14
2 ローマ規程の採択…16
〔機諭.蹇璽涓餤弔了臆湛颪覆鼻16)  
〔供諭〇神,反対,棄権(17)  〔掘諭―靆勝し莎帖と効(19)
3 日本の加入…19
第1章 ICCの法的地位と管轄権…21
第1節 ICCの法的地位と権限…21
第2節 ICCの管轄権…23
1 固有の管轄犯罪…23
2 裁判の運営に対する罪…24
〔機諭”嫂鐡犯罪としての性格(24)  〔供諭“蛤疥犒拭25)  
〔掘諭ヾ紐躙行使の原則と手続(26)  〔検諭〃此 “魁27)  
〔后諭…約国における裁判権の拡大(27)
3 時を理由とする管轄権…28
〔機諭〆畄宰…蠎腟舛箸隆愀検28)  
〔供諭〜無敕用をめぐる問題(31)  
〔掘諭“効後に批准または加入した国(32)
4 人を理由とする管轄権…33
〔機諭^奸 ゝ繊33)  〔供諭18歳未満の者の除外(34)  
〔掘諭仝的資格との非関連性(35)
5 真実和解委員会との生じうる管轄権の衝突…39
〔機諭/深堆族魄儖会(39)  〔供諭\犬犬Δ覺紐躙△両彳諭40)
第3節 管轄権行使の前提条件…42
1 はげしい議論の対象―規程12条…42
2 準備作業に現れた諸提案…44
〔機諭 ̄儿颪猟鶲董44)  〔供諭.疋ぅ弔猟鶲董45)  
〔掘諭ヾ攅颪猟鶲董46)  〔検諭(胴颪猟鶲董46)  
〔后諭〇務局の妥協提案(47)
第4節 管轄権の行使…48
1 引き金のメカニズム…48
2 締約国による検察官への事態の付託…49
3 安保理による検察官への事態の付託…49
4 検察官による捜査の開始…50
5 結  び…51
第2章 補完性の原則…53
機〜和い気譴晋饗А53
供.▲鼻Ε曠奪法廷における優位性の問題…54
掘.蹇璽浹程における補完性…55
検(箚粟の基準…56
后^媚廚侶臟 57
〔機諭,泙┐き(57)  
〔供諭仝せかけの裁判,インチキ執行(59)  
〔掘諭”堙な遅延(60)  〔検諭‘販性と公正性との欠如(61)
此’塾呂侶臟 62
察.▲侫螢における内戦…63
次_魴茲垢戮事件…64
宗々餾殀蛤瓩旅馥眩閉鼻65
勝(餝臈責任追及制度…68
第3章 戦争犯罪…71
第1節 歴史的概観…71
1 国際人道法の概観…71
〔機諭‖2次世界大戦までの歩み(71)  
〔供諭‖2次大戦後の歩み(72)  〔掘諭ICTYとICTR(74)
2 戦争犯罪の意義…75
〔機諭〕儻譴梁慎狙(75)  〔供諭々餾歐容史,隆靄楔饗А76)
第2節 ローマ規程における戦争犯罪…78
1 戦争犯罪の意義…78
2 戦争犯罪の類型…79
〔機諭ゝ程8条1項の法意(79)  
〔供諭\鐐菷蛤瓩離テゴリー(79)  〔掘諭‖1のカテゴリー(80)  
〔検諭‖2カテゴリー(81)  〔后諭‖3カテゴリー(81)  
〔此諭‖4カテゴリー(82)

3 武力紛争の意義と分類…83
〔機諭^奸ゝ繊83)  〔供諭々餾殃響茲塙馥睚響茵83)
第3節 戦争犯罪の類型の解説…84
1 まえがき…84
2 人に対する戦争犯罪…85
〔機諭“鑛欷郤圈85)  
〔供諭〇Αヽ押86)  
〔掘諭“鸚鐺員の殺害および傷害(86)  
〔検諭ゝ埖垤坩戞87)  
〔后諭\暴力(90)  
〔此諭/祐屬梁左靴紡个垢訖害(91)  
〔察諭‥対国の軍隊における強制的使役(92)  
〔次諭‥枸豌宗92)  
〔宗諭\亀の裁判を経ない処罰(93)  
〔勝諭々餾殃響茲砲ける不法な追放,移送または監禁,
国内紛争における移住命令(94)  
〔XI〕 人質に取ること(95)  
〔XII〕 子ども兵士の使用(96)
3 財産その他の権利に対する戦争犯罪(侵奪罪)…96
4 特別に保護されている人および物に対する攻撃…97
5 禁止された戦闘手段の使用…98
6 あとがき…99
第4章 刑事手続の構造…101
第1節 当事者主義と職権主義…101
1 まえがき…101
2 公判前審理…102
3 公  判…104
第2節 ICCにおける手続構造…105
1 ハイブリッド法の誕生…105
2 ICTYにおけるハイブリッド法の誕生…107

3 刑事手続の基本構造…108
〔機諭,泙┐き(108)  
〔供諭〕夙尋問(108)  
〔掘諭仝〇ヾ院109)  〔検諭〕戎撹瑤砲ける被疑事実の確認(110)  
〔后諭仝  判(111)  〔此諭‐紂 〜福112)
第5章 裁判所の構成と権限…113
第1節 裁判所の機関…113
1 まえがき…113
2 統括部…114
3 上訴部門,第一審部門,予審部門…115
4 書記局…115
5 弁護人の問題…116
第2節 裁 判 官…116
1 定員,選出…116
2 資格要件…117
3 独立性…117
4 公平性…118
第3節 検 察 官…119
1 検察局…119
2 捜査に関する義務と権限…120
〔機諭.灰皀鵝Ε蹇疾度とシヴィル・ロー制度との架橋(120)  
〔供諭仝〇ヾ韻寮嫐魁121)  〔掘諭仝〇ヾ韻慮限(122)
3 捜査活動の内容…123
4 捜査段階における人の権利…123
〔機諭〜楮挫奮における人の意義(123)  
〔供諭‖2次大戦後における人権保障規定(124)  
〔掘諭.蹇璽浹程55条(126)
第4節 予審部の役割…128
1 ICC予審制度の特色…128
2 検察官への捜査許可…129
3 付加的職務行為…130
4 捜査の機会における予審部の役割…130
5 予審部の職務と権限…131
〔機諭‖真決による権限の行使(132)  
〔供諭|影蛤枷輯韻砲茲觚限の行使(132)  〔掘諭”娉壇職務(132)
6 逮捕状または召喚状の発付…134
7 逮捕の手続…135
〔機諭,泙┐き(135)  〔供諭―蟶濆颪砲ける逮捕手続(135)  
〔掘諭_沼疂瓠138)
第5節 予審部における手続…140
機〕戎街渋い諒析…140
1 まえがき…140
2 さまざまな予審の構造…141
供ICCの予審構造…143
1 予審の二重構造…143
2 裁判所における冒頭手続…144
〔機諭仝⇒等が告知されたことの確認(145)  
〔供諭(歇瓩寮禅瓠145)
3 公判前における被疑事実の確認…146
〔機諭‐攀鬚粒示(146)  
〔供諭ヽ稜Г猟位筺147)
第6章 第一審部における刑事手続…149
第1節 刑事手続の基本構造…149
1 コモン・ローとシヴィル・ロー…149
2 陪審制度に内在する問題点…150
3 ICCにおける陪審不採用…151
第2節 公判審理の基本的諸原則…153
機ICCにおける適用法…153
供仝開審理の原則…154
1 国際人権法の立場…154
2 公開審理…154
3 ローマ規程の立場…155
掘仝頭主義…157
検“鏐霓佑虜瀋遒慮饗А158
1 国際人権法と比較法…158
2 規程63条(被告人の在廷)…158
后/彗裁判の原則…160
1 人権条約…160
2 ローマ規程…161
此〔戯瓩凌篦蠅慮饗А161
1 国際人権法…161
2 ローマ規程66条…163
察”雋鐶佚の原則…165
1 武器対等の原則…165
2 英米法と大陸法…166
3 ローマ規程67条…167
第3節 証拠法則…168
1 国際刑事訴訟における証拠法則…168
2 違法に収集された証拠…170
3 ICC規程69条…172
〔機諭\訐世半攜澄172)  〔供諭‐攀鬚隆慙∪と許容性(173)  
〔掘諭“詭保持の特権(174)  
〔検諭^稻ー集証拠の証拠能力(174)  
〔后諭‐攀鬚隆慙∪または許容性についての決定(175)
第7章 判  決…177
第1節 有罪の自認についての手続…177
1 「有罪の自認」の意義…177
2 有罪の自認が有効とされるための要件…178
第2節 無罪の推定…180
機 ̄莖彭考察…180
供.蹇璽浹程66条…181
1 第66条第1項…181
2 第66条第2項(挙証責任)…182
3 合理的疑いの余地なきまでの証明…182
第3節 判決のための要件…184
1 裁判官の継続的出席…184
2 判決の対象範囲…184
3 原則としての一致,判決理由…185
第4節 刑の言渡し…187
第5節 適用されうる刑罰…188
1 適用されうる刑罰の限定…188
2 刑罰の種類…190
〔機諭ー膩困班娉歎此190)  〔供諭々感愀此190)  
〔掘諭“涯發繁彈(191)
第6節 刑の量定…192
1 量刑で考慮される事情…192
2 未決勾留日数の本件への算入…193
3 複数判決と統合刑…194
第8章 上訴と再審…197
第1節 上  訴…197
機,泙┐き…197
1 国際裁判における上訴…197
2 上訴手続という用語…198
供ゝ程81条1項・2項…199
1 上訴の対象…199
2 上訴権者…199
3 上訴の理由…200
掘ゝ程81条3項・4項…202
第2節 再  審…203
1 まえがき…203
2 再審の理由…204
3 再審申立権者…206
4 再審の法的効果(規程84条2項)…206
第9章 手続関係人の権利と義務…209
第1節 捜査段階における人の権利…209
1 国際人権法の歩み…209
2 ローマ規程55条…211
第2節 被告人の権利…214
1 第2次大戦後における発展…214
2 ローマ規程における最小限保障…214
3 検察官の証拠開示義務…218
第3節 弁護人の役割…219
1 弁護人の任命と資格…219
2 弁護人の役割…220
3 特権と免責…220
4 捜査段階における弁護人の役割の拡大…221
第4節 刑事補償…223
1 まえがき…223
2 ローマ規程85条…223
3 解決すべき問題点…224
4 原状回復制度の提案…226

第10章 被害者と証人の保護…227
第1節 被害者の地位と役割…227
1 被害者の意義…227
〔機諭々餾鬱ヾ悗砲茲訥蟲繊227)  〔供諭.蹇璽浹程(228)
2 被害者の地位…229
〔機諭\鏝紊砲ける国際的歩み(229)  〔供諭.蹇璽浹程(230)
第2節 被害者および証人の保護…230
1 アド・ホック法廷からICCへ…230
2 規程68条1項…231
〔機諭‐攷擁欷遒琉貳霧饗А231)  〔供諭‐攷擁欷遒料蔀屐231)
3 被害者・証人課(VWU)…233
第3節 被害者の手続参加…235
1 まえがき…235
2 比較法的考察…236
3 ローマ規程…237
4 残された課題…238
第4節 被害者への賠償…239
1 まえがき…239
2 規程75条1項…240
3 賠償命令(規程75条2項)…241
4 規程75条6項…242
第5節 被害者のための信託基金…242
1 設立の趣旨…242
2 賠償金の査定と支払い…243
第11章 国際協力と司法共助…245
第1節 総  説…245
1 まえがき…245
2 協力体制の主要な形態…246
3 2つの法系における国際協力…248
第2節 協力の一般的義務…249
1 規程86条…249
2 締約国の一般的協力義務…250
3 非締約国による協力…251
〔機諭ゝ程12条3項にもとづき管轄権を受諾する場合(251)  
〔供諭‘段未亮莊茲疆にもとづく場合(251)  
〔掘諭\府間機関による協力(252)
4 協力義務の履行…253
〔機諭ゞ力のための国内法整備義務(253)  
〔供諭ゞ力義務の限度(254)  
〔掘諭”垓力の場合における措置(255)
第3節 逮捕と引渡し…257
機‖瓠 (瓠257
供〆枷十蠅悗凌佑琉渡し…258
1 ICCへの引渡しの特殊性…258
2 用語の定義…259
〔機諭surrenderとextradition(259)  
〔供諭/諭person)の意義(260)
3 伝統的な犯罪人引渡しの原則の修正…261
4 引渡請求の競合…263
〔機諭,泙┐き(263)  
〔供諭‘碓譴旅坩戮亡悗垢訐禅瓩龍ス隋264)  
〔掘諭^曚覆觜坩戮亡悗垢覦渡請求の競合(265)  
〔検諭\禅畊颪悗琉渡しを拒絶した場合(266)
5 裁判所への人の引渡し…266
〔機諭‖疂瓩泙燭楼渡しの義務(266)  〔供諭…眠畍鄙(267)  
〔掘諭^曚覆詒蛤瓩砲弔い独鐇禅畊颪砲いて訴追中その他の場合(268)

第4節 司法共助…268
機〜蹇 \癲268
1 他の形態の協力…268
〔機諭仝斥佞琉婬繊268)  
〔供諭ヽ搬腓垢觀沙司法共助の内容(269)  
〔掘諭ゞ助の一般的義務とその例外(271)
供ゝ程93条1項の解釈…272
1 第1項の総説…272
〔機諭ゞ力義務(272)  〔供諭ゞ助の範囲(273)
2 各種の共助形態…273
3 安全行動の保障…275
4 被拘禁者の一時移送…276
5 文書と情報の秘密保持…277
6 締約国への協力と共助…278
7 請求の執行の延期…278
〔機諭/聞埣罎料楮困泙燭倭閉匹亡悗垢訃豺隋278)  
〔供諭ー理許容性の異議に関する場合(279)
8 免責の放棄および引渡しの同意に関する協力…279
〔機諭,泙┐き(279)  〔供諭\禅瓩鬚垢襪海箸寮限(280)
9 規程93条および96条にもとづく請求の実行…282
〔機諭‐旦謀司法共助の導入(282)  
〔供諭〕弖錣諒析と解釈(283)
10 特定主義…285
〔機諭,泙┐き(285)  〔供諭‥用の範囲(286)  
〔掘諭‘団蠎腟舛諒棄(287)
第12章 刑の執行…289
第1節 執行をめぐる基本的課題…289
1 ICC判決の執行…289

2 執行国の役割…291
〔機諭ICC判決の法的地位(291)  〔供諭ー更垤颪料択(291)  
〔掘諭ー更垤颪了慊蠅諒儿后293)  〔検諭ー更圓隆間(293)
第2節 執行の監督および監督の条件…295
1 処遇の基準…295
2 拘禁刑の条件…296
3 刑の執行終了後の移送…297
第3節 執行に関する特定主義…298
1 たての関係における特定主義…298
2 本人の同意…300
3 安全行動の保障期間の経過…300
第4節 罰金と没収の執行…301
1 国際的協力の歩み…301
2 規程109条…302
〔機諭ー更垉遡魁302)  〔供諭_礎曜彈(302)  
〔掘諭ー更圓両魴錙302)
 
索  引
外国語索引




プライバシーポリシー | お問い合わせ