ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 律令制から立憲制へ

律令制から立憲制へ
島 善高 著
律令制から立憲制へ
発 行2009年10月1日
税込定価3,780円(本体3,500円)
判 型A5版上製
ページ数380頁
ISBN4-7923-0463-8
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次

序章…………………1
第一章 幕末に甦る律令―枝吉神陽伝―…………………21
一 はじめに…………………21
二 神陽の家庭環境…………………25
三 昌平坂学問所時代前期…………………31
四 昌平坂学問所時代後期…………………46
五 神陽の学問…………………51
六 弘道館史学派…………………68
七 義祭同盟…………………73
八 おわりに|神陽の学統…………………93

第二章 副島種臣と明治初期法制…………………111
一 はじめに…………………111
二 政体書及び職員令の起草…………………113
三 藩制大意及び建国策…………………131
四 副島種臣と新律綱領…………………141
五 副島種臣と江藤新平…………………153

第三章 江藤新平の国法論…………………163
一 はじめに―江藤と律令…………………163
二 江藤の五権論…………………167
三 江藤の国法観…………………177
四 江藤の根本律法観…………………187
五 その後の国法論議…………………192
六 おわりに―宮島誠一郎の立国憲義…………………202

第四章 井上毅のシラス論註解―帝国憲法第一条成立の沿革―…………………217
一 はじめに―小中村義象の回顧…………………217
二 「シラス」と「ウシハク」…………………221
三 シラスと皇位継承…………………232
四 シラスと皇室経費…………………241
五 シラスと王土思想…………………252
六 おわりに―その後のシラス論…………………262

第五章 天佑とGottesgnadentum…………………275
一 はじめに…………………275
二 外交文書の表現…………………277
三 井上毅の考え…………………289
四 日露戦争の影響…………………292
五 おわりに…………………297

第六章 「万世一系の天皇」について…………………301
一 はじめに…………………301
二 万世一姓…………………302
三 万世一系の由来…………………307
四 「一系」の意味…………………312
五 ペルゾンとイデー…………………316

第七章 天皇号と皇帝号…………………319
一 はじめに…………………319
二 諸外国との間の尊号問題…………………326
三 日清修好条規と尊号問題…………………336
四 憲法・皇室典範制定と尊号問題…………………342
五 国体明徴運動と尊号問題…………………351
六 おわりに…………………367

あとがき…………………371





プライバシーポリシー | お問い合わせ