ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 協力・抵抗・沈黙

協力・抵抗・沈黙
汪精衛南京政府のイデオロギーに対する比較史的アプローチ
柴田哲雄 著
協力・抵抗・沈黙
発 行2009年11月20日
税込定価8,743円(本体8,096円)
判 型A5上製
ページ数460頁
ISBN978-4-7923-7085-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
はじめに(1)
第一部 大衆をめぐるイデオロギー状況
第一章官製国民運動.. 東亜聯盟運動と新国民運動.. ……………………………… 13
序…………………………………………………………………………………………… 13
第一節 東亜聯盟運動…………………………………………………………………… 14
汪精衛の和平運動の挫折(14)
汪政権下における東亜聯盟運動の消長(18)
第二節 新国民運動……………………………………………………………………… 27
清郷工作と新国民運動(27)
太平洋戦争の勃発と新国民運動(31)
第三節 東亜聯盟運動と新国民運動との結合をめぐって…………………………… 39
東亜聯盟運動と新国民運動の結合(39)
東亜聯盟運動と新国民運動の結合に対する批判(42)
対華新政策以後(45)
小結………………………………………………………………………………………… 51
第二章 汪精衛の外交観・政治体制観の連続性と非連続性
     .. 東亜聯盟運動の理念への結実をめぐって.. ………………………… 64
序…………………………………………………………………………………………… 64
第一節 東亜聯盟運動の外交観の起源………………………………………………… 66
辛亥革命前夜からワシントン体制にかけての勢力均衡と超国家的組織(66)
満州事変から日中戦争にかけての勢力均衡と超国家的組織(71)
第二節 東亜聯盟運動の政治体制観の起源…………………………………………… 78
保皇派との論争と民権立憲(79)
対.介石独裁・中国共産党批判と訓政期の民主集権制(82)
旧中華民国臨時・維新政府関係者との権力闘争と新たな憲政体制観(87)
小結………………………………………………………………………………………… 90
第三章 中国青少年団の成立と展開………………………………………………… 100
序………………………………………………………………………………………… 100
第一節 中国青少年団の成立………………………………………………………… 101
中国青少年団の設立(101)
中国青少年団の組織的特徴(104)
第二節 中国青少年団の展開.. 大東亜青少年総奮起運動と三禁運動.. ……… 108
大東亜会議と大東亜青少年指導会議(108)
大東亜青少年総奮起運動と三禁運動(110)
第三節 中国青少年団団員の意識………………………………………………………119
小結…………………………………………………………………………………………123
第四章 学校教育政策.. 中学における政治教育を中心に.. ………………………130
序……………………………………………………………………………………………130
第一節 学校教育政策の方針・制度……………………………………………………131
学校教育政策の方針(131)
学校教育の制度と実態(134)
第二節 学校教育のカリキュラム………………………………………………………137
日本語(138)
公民(140)
第三節 満州国の学校教育政策との比較………………………………………………142
第四節 学校の統制………………………………………………………………………144
学生に対する施策(144)
教員に対する施策(147)
小結…………………………………………………………………………………………153
附属資料: 汪政権下の学校教育経験者に対するインタビュー…………………… 160
第五章 大東亜戦争博覧会………………………………………………………………179
序……………………………………………………………………………………………179
第一節 開催の経緯………………………………………………………………………180
第二節 博覧会の趣旨と展示内容………………………………………………………184
大東亜戦争館(185)
大東亜共栄館(188)
新民会の大東亜建設博覧会における「まなざし」との比較(190)
第三節 参観者の動員………………………………………………………………………193
小結……………………………………………………………………………………………197
第六章 日本軍占領下の上海における流行歌……………………………………………203
序………………………………………………………………………………………………203
第一節 流行歌をめぐる政治状況…………………………………………………………205
汪政権の政策(205)
流行歌隆盛の要因(207)
第二節 歌詞を通して見た社会の支配的な情緒…………………………………………209
不条理感(209)
別離の悲しみ(212)
逃避への願望(214)
第三節 李香蘭と周………………………………………………………………………… 215
日本における李香蘭(215)
上海における李香蘭(216)
上海における周(218)
小結………………………………………………………………………………………… 223
第二部 陳公博の思想的変遷と汪政権の経済政策構想
第七章 陳公博の中国共産党員時期前後における思想的変遷……………………………231
序……………………………………………………………………………………………… 231
第一節 党創設以前の思想……………………………………………………………………232
督軍批判(232)
都市における民主主義の提唱(234)
第二節 結党と路線対立………………………………………………………………………236
陳公博と陳独秀(236)
一全大会における論争(243)
第三節 離党へ…………………………………………………………………………………245
小結………………………………………………………………………………………………250
第八章 陳公博における反共主義の確立.. 渡米から改組派結成にかけて.. …………255
序…………………………………………………………………………………………………255
第一節 米国留学………………………………………………………………………………256
反共主義者への転向. (256)
ニアリングの影響.. 「新資本主義」批判.. (257)
ニアリングの影響.. 国民革命と中国共産党の路線転換に対する評価.. (260)
第二節 反共主義の形成………………………………………………………………………264
反中国共産党の契機(264)
反共主義理論の構築(268)
コミンテルンの批判(273)
第三節 反中国共産党・反共主義をめぐる比較……………………………………………275
国民党右派(275)
第三党..中華革命党.. (277)
小結……………………………………………………………………………………………………………279
第九章 陳公博の対外認識と対内政策構想..改組派時期から.汪合作政権時期にかけて.. ………286
序………………………………………………………………………………………………………………286
第一節 済南事件に際しての対外認識……………………………………………………………………287
第二節 満州事変の衝撃と対内政策構想の変容…………………………………………………………293
第三節 満州事変以後の対外認識…………………………………………………………………………300
小結……………………………………………………………………………………………………………304
第一〇章 汪政権の経済政策構想..政経関係を中心に.……………………………………………… 311
序………………………………………………………………………………………………………………311
第一節 汪政権初期の経済政策構想………………………………………………………………………312
日中戦争下の上海民間資本家層(312)
対日批判(316)
対重慶政権批判(322)
第二節 汪政権の経済政策構想の源流..陳公博を例に.. …………………………………………… 327
.汪合作政権時期の陳公博の経済政策構想(327)
汪政権時期の陳公博の経済政策構想(333)
第三節 汪政権の経済政策構想の蹉跌……………………………………………………………………339
汪政権と商統会(339)
新興企業財団の勃興(346)
重慶政権の戦後の経済政策構想(350)
小結……………………………………………………………………………………………………………354
第三部 汪政権とヴィシー政府との比較
第一一章 汪精衛とフィリップ・ペタン…………………………………………………………………369
序………………………………………………………………………………………………………………369
第一節 外政観………………………………………………………………………………………………370
第二節 体制観………………………………………………………………………………………………378
第三節 新たな国民精神観…………………………………………………………………………………383
小結……………………………………………………………………………………………………………387
第一二章 陳公博とジャック・ドリオ……………………………………………………………………392
序………………………………………………………………………………………………………………392
第一節 転向の契機…………………………………………………………………………………………393
第二節 反共と日独脅威の狭間……………………………………………………………………………397
対ソ連・共産党観(397)
日本・ドイツによる脅威への対処(402)
ファシズム観(405)
第三節 占領軍への協力と反共主義………………………………………………………………………406
小結……………………………………………………………………………………………………………412
おわりに(417)
文献表(420)
あとがき(435)
事項索引(448)
人名索引(444)





プライバシーポリシー | お問い合わせ