ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 刑法要説総論〔第2版〕

刑法要説総論〔第2版〕
岡野光雄 著
刑法要説総論〔第2版〕
発 行2009年12月1日
税込定価3,564円(本体3,300円)
判 型A5版上製
ページ数408頁
ISBN978-4-7923-1842-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
はしがき
第1 編刑法の基礎……………………………………………………………1
第1 章刑法および刑法学……………………………………………………1
第1 節刑法の概念……………………………………………………………1
1 総説(1) 2 刑法の内容(2) 3 刑法の種類(4)
4 刑法の沿革(5)
第2 節刑法の機能…………………………………………………6
第3 節刑法学………………………………………………………7
第2 章刑法の適用範囲( 刑法の効力) ………………………9
第1 節刑法の時間的適用範囲……………………………………9
1 総説(9) 2 行為時法と裁判時法(9)
第2 節刑法の場所的適用範囲………………………………………10
1 総説(10) 2 日本刑法の立場(11)
3 外国判決の効力(12)
第3 節刑法の人的適用範囲………………………………………13
1 国内法上の例外(13) 2 国際法上の例外(13)
第3 章罪刑法定主義……………………………………………14
1 意義(14) 2 沿革(14)
3 内容( 派生的原則)(16)
第4 章刑法の理論( 刑法学派の争い) ………………………24
1 総説(24) 2 古典学派・ 旧派と近代学派・ 新派(25)
3 応報刑論と目的刑論(26) 4 一般予防論と特別予防論(27)
5 道義的責任論と社会的責任論(28)
6 客観主義と主観主義(28) 7 わが国の事情(30)
第2 編犯罪論( その1) …………………………………………31
第1 章犯罪の概念……………………………………………………31
第1 節犯罪概念の構成………………………………………………31
1 総説(31) 2 犯罪論の体系(32)
第2 節犯罪の種類……………………………………………………36
1 自然犯( 刑事犯)・ 法定犯( 行政犯)(37) 2 故意犯・
過失犯・ 結果的加重犯(37) 3 作為犯・ 不作為犯(37)
4 結果犯・ 挙動犯(38) 5 実質犯・ 形式犯(38)
6 侵害犯・ 危険犯(38) 7 即成犯・ 継続犯・ 状態犯(39)
8 身分犯(40) 9 目的犯と傾向犯(40)
10 親告罪と非親告罪(41)
第2 章行為………………………………………………………42
第1 節行為の概念………………………………………………42
1 意義(42) 2 因果的行為論(42) 3 目的的行為論(43)
4 社会的行為論(43) 5 人格的行為論(44)
6 狭義の行為と広義の行為(46) 7 作為と不作為(46)
第2 節行為の主体と客体………………………………………47

1 行為の主体(47) 2 行為の客体(49)
3 行為の状況(50)
第2 節因果関係…………………………………………………50
1 総説(50) 2 学説(51) 3 判例の立場(64)
4 不作為の因果関係(68) 5 「条件関係」存否の判断(70)
第4 節不作為犯…………………………………………………77
1 意義(77) 2 不真正不作為犯(78)
第3 章違法………………………………………………………86
第1 節違法の概念………………………………………………86
1 形式的違法性と実質的違法性(86) 2 主観的違法論と客観的
違法論(86) 3 客観的違法論と主観的違法要素(87)
4 規範違反説と法益侵害説(89) 5 行為無価値論と
結果無価値論(90) 6 可罰的違法性(92)
第2 節違法性阻却事由( 適法化事由・ 正当化事由) ……………97
1 総説(97) 2 違法性阻却の一般原理(97)
第3 節正当防衛……………………………………………100
1 意義(100) 2 要件(100) 3 正当防衛と
第三者の法益侵害(111) 4 過剰防衛(113) 5 誤想防衛・
誤想過剰防衛(117) 6 盗犯等防止法の特則(118)
第4 節緊急避難…………………………………………120
1 意義(120) 2 要件(121) 3 過剰避難と
誤想避難(126) 4 緊急避難と業務上特別義務者(127)
第5 節法令行為・ 正当業務行為………………………129
1 総説(129) 2 法令による行為(129)
3 正当な業務行為(132)
第6 節超法規的違法性阻却事由( 適法化事由・ 正当化事由)…………136
1 総説(136) 2 被害者の承諾(136)
3 安楽死・ 尊厳死(142) 4 自救行為(144)
5 義務の衝突(147) 6 許された危険(148)
第4 章責任……………………………………………149
第1 節責任の概念………………………………………149
1 総説(149) 2 責任主義(149) 3 責任の本質(151)
第2 節責任能力…………………………………………155
1 総説(155) 2 責任能力の本質(156) 3 責任無能力
と限定責任能力(158) 4 責任能力の存在時期(161)
第3 節故意………………………………………………171
1 総説(171) 2 故意の内容(173) 3 故意の種類(183)
第4 節過失………………………………………………187
1 総説(187) 2 過失の内容(189) 3 過失の種類(194)
4 過失犯と信頼の原則(195) 5 危険の引受け(200)
6 監督過失・ 管理過失(201) 7 段階的過失(203)
第5 節期待可能性…………………………………………205
1 意義(205) 2 期待可能性の体系的地位(206)
3 期待可能性の判断基準(207)
第6 節事実の錯誤…………………………………………209
1 総説(209) 2 事実の錯誤の種類(210) 3 学説・
判例(211) 4 因果関係の錯誤と「ウエーバーの概括的故意」(219)
第7 節違法性の錯誤………………………………………………228
1 総説(228) 2 違法性の錯誤の種類(228) 3 学説・

判例(229) 4 事実の錯誤と違法性の錯誤の区別(231)
第3 編犯罪論( その2) …………………………………239
第1 章犯罪の発展段階・ 発現形態…………………………………………………………239
1 総説(239) 2 予備と陰謀(239) 3 未遂と既遂(241)
第2 章未遂犯……………………………………………242
第1 節未遂犯の概念……………………………………242
1 総説(242) 2 未遂犯の種類(243)
第2 節未遂犯( 狭義)……………………………243
1 意義(243) 2 要件(244) 3 処罰(251)
4 犯罪類型と未遂の有無(251)
第3 節中止犯( 中止未遂)…………………………………253
1 意義(253) 2 中止犯の法的性格(253)
3 要件(255) 4 処罰(260) 5 予備の中止(260)
第3 章不能犯………………………………………………262
1 意義(262) 2 不能の態様(263) 3 不能犯学説(264)
第4 章共犯…………………………………………269
第1 節共犯の基礎……………………………………269
1 総説(269) 2 共犯の種類(270)
3 正犯と共犯の区別(272) 4 共犯学説(274)
5 共犯の処罰根拠(276) 6 共犯の従属性(277)
第2 節共同正犯……………………………………283
1 総説(283) 2 要件(284)
3 処罰(286) 4 共同正犯に関する諸問題(287)
第3 節教唆犯………………………………………312
1 意義(312) 2 要件(312)
3 処罰(316) 4 従犯の教唆(316)
5 教唆の形態(316) 6 間接正犯(317)
第4 節従犯( 幇助犯)…………………………………………325
1 意義(325) 2 要件(325)
3 処罰(327) 4 従犯の教唆と間接従犯(327)
第5 節共犯に関する諸問題…………………………328
1 共犯と身分(328) 2 共犯と錯誤(335)
3 結果的加重犯の共犯(337) 4 予備罪の共犯(340)
5 共犯と中止犯(344) 6 不作為犯と共犯(348)
第5 章罪数……………………………………………350
第1 節一罪と数罪の概念……………………………350
1 総説(350) 2 罪数を決定する標準(350)
3 一罪(351) 4 数罪(353)
第2 節科刑上一罪…………………………………………353
1 観念的競合(353) 2 牽連犯(355)
3 「かすがい」現象(356)
第3 節併合罪…………………………………………356
1 意義(356) 2 要件(357)
3 処分(357) 4 累犯(359)

第4 編刑罰論…………………………………………361
第1 章刑罰の概念………………………………361
1 意義(361) 2 刑罰の種類(361)
第2 章刑罰の適用………………………………………365
1 意義(365) 2 法定刑・ 処断刑・ 宣告刑(365)
3 刑の軽重(366) 4 刑の加重・ 減軽・ 免除(366)
5 刑の加減例(367) 6 刑の量定(368)
第3 章刑の執行……………………………………369
1 総説(369) 2 死刑の執行(369)
3 自由刑の執行(370) 4 財産刑の執行(370)
5 刑の執行猶予(371) 5 仮釈放・仮出場(373)
第4 章刑の消滅…………………………………………373
1 総説(373) 2 犯人の死亡(374)
3 恩赦(374) 4 時効(375)
5 刑の執行猶予および仮釈放期間の満了(375)
6 刑( 前科) の抹消(376)
第5 章保安処分…………………………………376
1 総説(376) 2 種類(377)
3 刑罰と保安処分の関係(378) 4 保安処分の問題点(379)
事項索引
判例索引





プライバシーポリシー | お問い合わせ