ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 確認刑事訴訟法用語250

確認刑事訴訟法用語250
田口守一 川上拓一 田中利彦 編著
確認刑事訴訟法用語250
発 行2009年12月25日
税込定価540円(本体500円)
判 型A5版並製
ページ数118頁
ISBN978-4-7923-1855-0
在庫がありません 
 在庫がありません
■内容紹介
目次
はしがき
刑事訴訟法の基本概念
1糺問主義・弾劾主義……1
2当事者主義・職権主義……1
3実体的真実主義……1
4適正手続(デュー・プロセス)……2
5迅速裁判……2
6公判中心主義……2
7精密司法……3
8調書裁判……3
9司法制度改革……3
10裁判員制度……4
11裁判所……4
12裁判官……5
13除斥・忌避・回避……5
14裁判員の地位……6
15裁判員の資格……6
16裁判所職員……7
17陪審制度……8
18参審制度……8
19検察庁……8
20検察官……9
21検察官一体の原則……9
22一般的指示権・一般的指揮権・具体的指揮権……9
23検察事務官……10
24被疑者……10
25被告人……10
26弁護人……11
27必要的弁護制度……11
28国選弁護制度……12
29日本司法支援センター……12
30当番弁護士制度……13
31警察……13
32行政警察活動・司法警察活動……14
33司法警察職員……14
34科学警察研究所・科学捜査研究所……14
35被害者……15
36被害者等通知制度……15
37被害者参加制度……16
38損害賠償命令制度……16
39被害者の意見陳述制度……16
40国際刑事裁判所……17
41国際刑事警察機構……17
42国際捜査共助・国際司法共助……17
捜査
43捜査の構造……19
44捜査比例の原則……19
45任意捜査……19
46任意出頭・任意同行……20
47おとり捜査……20
48コントロールド・デリバリー……20
49強制捜査……21
50強制処分法定主義……21
51令状主義……22
52職務質問……22
53所持品検査……22
54自動車検問……22
55検視……23
56死体解剖……23
57告訴……24
58告訴不可分の原則……24
59告発・請求……24
60自首……25
61通常逮捕……25
62現行犯逮捕……26
63緊急逮捕……26
64被疑者勾留……26
65逮捕前置主義……27
66勾留質問……27
67勾留理由開示……27
68事件単位の原則……27
68一罪一逮捕・勾留の原則……28
70再逮捕・再勾留禁止の原則……28
71別件逮捕・勾留……28
72代用刑事施設……28
73移監……29
74押収……29
75押収拒絶権……29
76領置……30
77提出命令……30
78■還付・仮還付……31
79捜索……31
80差押え……・31
81電磁的記録物の捜索・差押え……32
82検証……32
83鑑定……32
84鑑定留置……33
85科学的捜査……33
86強制採尿……34
87強制採血……34
88写真撮影・ビデオ撮影……34
89通信傍受……35
90被疑者の取調べ……35
91参考人の取調べ……35
92黙秘権……36
93自己負罪拒否特権……36
94証拠保全請求権……37
95弁護権……37
96接見交通権……37
97接見指定……38
98微罪処分……38
99検察官送致……38
100逆送……38
公訴
101国家訴追主義……40
102起訴独占主義……40
103起訴便宜主義……40
104起訴処分……41
105不起訴処分……41
106起訴猶予……41
107検察審査会……42
108起訴議決……42
109準起訴手続(付審判請求手続)……42
110公訴権……43
111公訴権濫用論……43
112訴訟条件……43
113公訴時効……44
114訴訟行為……44
115訴訟能力……45
116訴訟行為の瑕疵の治癒……45
117起訴状一本主義……45
118訴因と公訴事実……46
119訴因の特定……46
120一罪一訴因の原則……47
121一部起訴……47
122略式手続……48
123即決裁判手続……48
124交通反則通告制度……48
公判
125公開主義……49
126口頭主義・弁論主義……49
127継続審理主義……49
128裁判所の管轄……50
129単独制・合議制……50
130公判二分論……51
131召喚・勾引……51
132勾留……51
133保釈……52
134準備手続……52
135起訴状謄本の送達……53
136公判前整理手続……53
137証拠開示……53
138証明予定事実……54
139期日間整理手続……54
140公判期日……55
141公判廷……55
142通訳・翻訳……55
143訴訟指揮権……56
144法廷警察……56
145冒頭手続……56
146アレインメント制度(有罪答弁制度)……57
147証拠調べ手続……57
148冒頭陳述……57
149証拠調べ請求……58
150職権証拠調べ……58
151証拠決定……58
152甲号証・乙号証……59
153弁論……59
154公判調書……59
155簡易公判手続……60
156公判手続の停止・更新・再開……60
157弁論の分離・併合……60
158部分判決……60
159訴因変更制度……61
160訴因変更の要否……61
161公訴事実の同一性……62
162訴因変更の時期的限界……62
163訴因変更命令……63
証拠法
164証拠資料・証拠方法……64
165情況証拠……64
166直接証拠・間接証拠……64
167実質証拠・補助証拠……64
168供述証拠・非供述証拠……65
169証拠裁判主義……65
170厳格な証明・自由な証明……65
171公知の事実……66
172立証趣旨……66
173証拠能力……66
174証明力……67
175自由心証主義……67
176疑わしきは被告人の利益に……67
177無罪推定の法理……67
178合理的な疑いを超える証明……68
179疎明……68
180挙証責任……68
181推定……69
182証人……69
183証人尋問……70
184宣誓……70
185証言拒否権……70
186刑事免責制度……71
187司法取引……71
188交互尋問制……72
189証人付添い人……72
190遮へい措置……72
191ビデオリンク方式……73
192被告人質問……73
193証拠の関連性……74
194悪性格の立証……74
195科学的証拠……75
196DNA型鑑定……75
197ポリグラフ検査……75
198警察犬による臭気選別検査……76
199声紋鑑定……76
200筆跡鑑定……76
201証拠禁止……77
202違法収集証拠の排除法則……77
203毒樹の果実……78
204自白……78
205自白法則……78
206自白の補強法則……79
207共犯者の供述……79
208直接主義……79
209伝聞法則……79
210証人審問権……80
211伝聞証拠……80
212伝聞例外……80
213裁判官面前調書(1号書面)……81
214検察官面前調書(2号書面)……81
215司法警察員面前調書(3号書面)……81
216証人尋問調書・検証調書……82
217捜査機関の検証調書……82
218鑑定書……82
219被告人の供述書・供述録取書……83
220特信文書……83
221伝聞供述……83
222任意性の調査……84
223同意……84
224合意書面……84
225再伝聞……84
226証明力を争う証拠……85
裁判
227判決・決定・命令……86
228終局裁判・非終局裁判……86
229実体裁判・形式裁判……86
230裁判の成立……87
231裁判書……87
232免訴……87
233公訴棄却……88
234管轄違い……88
235有罪判決……88
236一部認定……88
237択一的認定……89
238刑の量定……89
239無罪判決……89
240刑事補償……90
241訴訟費用……90
242確定力……90
243一事不再理の効力……91
244二重の危険……91
救済手続
245不利益変更禁止の原則……93
246破棄判決の拘束力……93
247控訴……93
248控訴審の構造……94
249攻防対象論……94
250上告……95
251抗告……95
252再審……96
253再審理由……96
254非常上告……96
用語索引……99




プライバシーポリシー | お問い合わせ