ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 犯罪と刑罰 《第19号(2009)》

犯罪と刑罰 《第19号(2009)》
刑法読書会
犯罪と刑罰 《第19号(2009)》
発 行2009年12月20日
税込定価1,944円(本体1,800円)
判 型A5版並製
ページ数212頁
ISBN978-4-7923-1856-7
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
特集
被害者の刑事手続参加―企画の趣旨と課題―……………………斉藤豊治(1)
犯罪被害者と刑事手続検討の視点と課題………………………………………川英明 (15)
犯罪被害者と刑事司法制度犯罪被害者の訴訟参加と私人訴追主義……………鯰越溢弘(33)
被害者の手続参加、被害者報道と裁判員制度……………………渕野貴生(51)
被害者の手続参加と刑事弁護の課題………………………………鈴木一郎(79)
修復的司法と被害者参加制度………………………………………高橋則夫(105)
少年法と被害者………………………………………………………山俊恵(121)

論説
略取誘拐罪における解放減軽規定(刑法228条の2)について…………………野澤充(141)

雑報
刑法読書会の研究活動について……………………………………松宮孝明(199)

編集後記




プライバシーポリシー | お問い合わせ