ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 保険の現代的課題 

保険の現代的課題 
鈴木辰紀 著
保険の現代的課題 
発 行2010年3月20日
税込定価2,700円(本体2,500円)
判 型A5版上製
ページ数124頁
ISBN978-4-7923-4225-8
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
 
はしがき(i)

第1章 人身傷害補償保険考―――1
 機,呂靴き(1)
 供/与判害補償保険の長所−1(責任保険から傷害保険へ)(2)
 掘/与判害補償保険の長所−2(過失相殺の適用なし)(3)
 検/与判害補償保険の長所−3(幅広い付加的担保)(5)
 后/与判害補償保険は傷害保険か(6)
 此/与判害補償保険は補償保険である(8)
  此檻院/与判害補償保険の保険金額と被保険者の回収額との関係(8)
  此檻押 併例研究供房,法70歳の男子(無職)が死亡した場合はど
      うであろうか(被扶養者2名)(10)
  此檻魁 併例研究掘妨絨箴祿嘉級=介護を要する後遺障害第1級の
      計算例(13)
 察/与判害補償保険の〈支払基準 は多様である(14)
 次ー動車保険の複雑化と難解さ(18)
 宗ー動車保険普通保険約款には改良の余地がある(19)
 勝,爐垢咫20)

第2章 交通事故と過失相殺23
 機,呂靴き(23)
 供,錣国判例に見る過失相殺(23)
  (1) 自動車対歩行者事故(24)
  (2) 自動車対自転車搭乗者事故(31)
  (3) 自動車対同乗者事故(37)
 掘/与判害補償保険(38)
  3−1 人身傷害補償保険の登場(38)
  3−2 賠償責任保険中心から傷害保険中心へ(39)
  3−3 人身傷害補償保険がてん補する損害の範囲(39)
 検.侫薀鵐后Ε戰襯ーの場合(44)
 后‘仏の比較(46)
 此,爐垢咫48)

第3章 人身傷害補償保険と請求権代位49
 機,呂靴き(49)
 供(欷閏圓寮禅畍代位の意義(49)
 掘´ 限度説, 比例説, 差額説
   (損害額超過主義説・被保険者優先説)(50)
 検/与判害補償保険はなぜ誕生したか(53)
 后/予に保険者の請求権代位はあり得るか(55)
 此/予約款規定に問題はないか?(57)
 察 嵜予基準差額説」は妥当か(60)
 次〃襪咫62)

第4章 不可争条項と詐欺無効63
 機〔簑蠅僚蟶漾63)
 供\弧進欷韻旅霖竜遡魁65)
 掘々霖竜遡外稟燭蛤承修箸隆愀検僻塾磴罰慇癲法69)
 検‐町谷操三教授の「不可争約款論」(71)
 后(橡,両匆陝74)
 此,錣国生保約款の問題点(78)
 察〃襪咫81)

第5章 道路経済研究所・自動車保険研究プロジェク
    トの研究成果の総括83
    道路経済研究所・自動車保険研究プロジェク
    トの成果の要約84
 機‘始交通事故被害者の保険的救済をめぐる諸問題
   (昭和58年3月)(85)
  機檻院ー賠責保険の収支の現状と運用益の使途(85)
  機檻押\府保障事業の問題点(86)
  機檻魁ー賠責保険と任意対人賠償保険との関係
      −一本化をめぐって−(88)
  機檻粥ー動車保険の募集上の過当競争と消費者
      −東京地判昭和58年2月24日を手がかりとして−(89)
  機檻機ー動車責任保険における被害者の直接請求権の法的性質(91)
  機檻供ー動車事故による重度後遺障害者(植物状態被害者)の救済
      についての損害賠償法・保険法からの接近(92)
 供―ね費の適正化と保険料率の妥当な範囲(昭和59年5月)(94)
 掘ー動車保険をめぐる諸問題の検討(96)
  掘檻院\哨茵璽蹈奪兔国のメリ・デメ制(97)
  掘檻押ー動車保険の属人性と属車性(98)
  掘檻魁ー嵶焼替について(98)
  掘檻粥ー嵶省欷韻量簑蠹世伐善点
      −主として修理費との関連において−(102)
  掘檻機ー動車損害賠償責任保険契約(対人賠償)における因果関係
      についての一考察(103)
  掘檻供,い錣罎訶ニ星薪召畔殕者の責任(104)
  掘檻掘〔喫欷閏崕害条項により?補すべき損害の範囲(106)
  掘檻検ー動車傷害保険における事故の程度と因果関係(107)
 検ー賠責保険をめぐる諸問題
   −自賠保障事業の検討を中心として−(109)
 后ー動車保険料率の自由化をめぐって(111)
 此ヽ姐饋揚鏗下圓伴賠責保険の取扱い(113)




プライバシーポリシー | お問い合わせ