ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 哲学史講義

哲学史講義
村上恭一 著
哲学史講義
発 行2010年4月10日
税込定価3,780円(本体3,500円)
判 型46版上製
ページ数466頁
ISBN978-4-7923-6095-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
 
まえがき
 
序論 「哲学史講義」へのプロローグ
 一 古代メソポタミアの神話
   ―『ギルガメシュ叙事詩』再考―……………………………………………………3
 二 古代ギリシア悲劇・オイディプス王
   ―ソポクレス『オイディプス王』に学ぶ―………………………………………48
 三 最初の哲学史家・ディオゲネス・ラエルティオス考
   ―若きニーチェの古典文献学の労作によせて―…………………………………63
 四 哲学史の概念とその区分…………………………………………………………………92
  1 学としての哲学史………………………………………………………………………92
  2 唯物史観…………………………………………………………………………………98
 
第一部 「ソクラテス以前」の哲学
 
機―藉ギリシア哲学
 一 ミレトス学派―「最初の哲学者たち」のこと―…………………………………107
  (1) タレス………………………………………………………………………………114
  (2) アナクシマンドロスの思惟………………………………………………………117
  (3) アナクシメネス……………………………………………………………………122
 二 ヘラクレイトスの哲学…………………………………………………………………125
 三 ピュタゴラスとその時代―霊魂の「浄め」を求めて―………………………133
 四 エレアのパルメニデス―哲学詩「自然について」考―………………………148
 五 アクラガスの詩人哲学者エンペドクレス
   ―「エンペドクレス伝説」をめぐって―…………………………………………160
 六 アナクサゴラスの哲学―「理性」を原理とする哲学―…………………………172
 七 デモクリトスの原子論―失われた古代ギリシアの華―………………………185
 
供.悒譽縫坤燹Ε蹇璽泙療学・抄
 八 エピクロス哲学の成立―古代原子論の史的展開とその帰結―………………215
 九 デモクリトスとエピクロスとの自然哲学の差異
   ―若きマルクスの「学位論文」の概要―…………………………………………254
 
第二部 哲学者ソクラテスあるいは、一つのソクラテス伝説
 
 一 ソクラテスの生涯………………………………………………………………………295
 二 ソクラテス資料について………………………………………………………………305
  (1) プラトンの「ソクラテス的対話篇」……………………………………………307
  (2) クセノポンの『ソクラテスの回想録』…………………………………………310
  (3) アリストパネスの喜劇『雲』……………………………………………………314
  (4) 哲学史家アリストテレスの証言…………………………………………………320
 三 ソクラテスの横顔………………………………………………………………………322
 四 ソクラテスの死―ロマノ・グアルディーニの書を読む―……………………374
 五 キルケゴールのソクラテス解釈―『イロニーの概念について』再考―………412
 
顧みすれば―「あとがき」に代えて―…………………………………………………445
 
人名索引




プライバシーポリシー | お問い合わせ