ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 西北からの旅人

西北からの旅人
奥島孝康 著
西北からの旅人
発 行2010年4月16日
税込定価4,320円(本体4,000円)
判 型46版上製
ページ数624頁
ISBN978-4-7923-9196-6
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次


  機‖隋ヽ
私立大学の歴史とその存在意義………………3
経営・財務の健全化に向けたガバナンスのあり方………………19
私立大学の収入の多様化………………47
大学のガバナンスと内部統制………………54
私立大学の費用負担………………61
全早連創立四〇周年に寄せて………………69
いま早稲田に求められる「アジア研究における知の共創」とは………………72
東アジアにおける学術交流の緊密化の必要性とその未来性………………81
早稲田大学のアジア戦略………………90
早稲田大学校友会の現状と課題………………107
  供ゞ機^
社会のインフラとしてのロースクールの構築を………………127
法律家は「考える葦」でありたい−−私はこんな講義をしてみたい………………129
新司法試験に留学生合格枠を………………132
法律家の資質とは………………137
学芸を以って性を養ふべし−−會津八一の「学規」に学ぶ………………140
教師像について………………148
楽しくなければ学校ではない………………157
色紙に書く座右の銘−−私のモットー「志高頭低」−−………………162
アナログ教師の嘆き………………165
日中学術交流の四半世紀………………169
グローバル時代の国家の競争力………………193
志立大学早稲田の人づくり………………200
  掘ー辧_
スカウト同志じゃもん−−東京連盟連盟長に就任して………………227
「走れメロス」よ再び−−練馬地区設立40周年に寄せて………………230
第14回日本ジャンボリー視察記………………233
早稲田ローバース創立五〇周年に寄せて………………236
運動論としての富士裾野論−−富士山クラブ理事長として………………240
「一学一山運動」のキックオフについて………………244
ふるさとづくりは教育から−−「起愛塾」塾長として………………250
早稲田奉仕園創立百周年を迎えて………………253
司法国家への船出………………256
法意識の変化と治安のあり方−−平和を欲するのであれば戦いに備えよ………………259
公安委員の退任に当って………………277
高野連会長に就任して………………281
サステナビリティの夢に向かって………………290
人生を楽しむ−−永楽倶楽部会長に就任して………………299
永楽倶楽部と大隈修養五訓………………302
永楽倶楽部九〇周年に寄せて………………305
一期一会 人生いろいろ………………308
「琴棋書画」について想う………………310
「忙中の閑」を楽しむ………………312
永楽倶楽部の品格とホモ・ルーデンス………………315
ローマの衰亡について………………317
慶應と早稲田の接点−−交詢社と永楽倶楽部をめぐって………………321
  検ヽ悄〜
早稲田人の心の原点「大隈さん」に学ぶ………………357
大隈さんと日本橋界隈………………378
小野梓記念公園の誕生に寄せて………………386
小野梓先生と交詢社………………392
小野梓先生の栄光と復権………………396
  后〆弌〃
大野先生の図書館へのメッセージに寄せて………………423
回想・図書館と私………………429
聖火ランナーをつとめて………………443
大隈重信を演じて………………445
思い出の悪酔いエッセイ………………448
酒は涙か健康か−−私の節酒宣言………………456
宿毛市の名誉市民となって………………459
ふるさと南予の思い出………………462
ヴェトナムで考える………………468
中朝露国境をゆく………………471
もうひとつの早慶戦………………474
幻の「稲法会」始末記−−過去の情熱をいかに未来へつなぐか………………478
雑沓の中の哲学者−−藤原保信さんを偲んで………………484
風の戦士・中嶋宏さんを偲ぶ………………486
ゼミ論集「西北風」終刊の辞………………490
  此‘鼻―
野武士のごとき君なりき
−−蓮實重彦『私が大学について知っている二、三の事柄』を読んで………………497
『坊っちゃん』の解釈(試論)−−小説『坊っちゃん』発表一〇〇年記念に寄せて………………500
大切な本(上)−−吉川英治『三国志』………………507
大切な本(下)−−ヴィクトル・ユゴー『レ・ミゼラブル』………………509
藤沢作品と私………………512
「蜀犬、日に吠ゆ」の国をゆく………………514
  察〇魁々
UFOに乗りたい………………523
初の海外山行−−二〇〇四年の山行記録………………526
海外トレッキング行−−探検部OB会と共に………………541
天城峠の思い出−−過ぎし日を偲んで………………549
北アルプス裏銀座通りをゆく………………555
強風と濃霧の悪沢岳・赤石岳登頂記………………562
知床岬にて−−北方四島を想う………………566
オノン川にて………………568
オノン川讃歌………………577
山楽会こぼれ話………………584
経歴・著作目録
あとがき




プライバシーポリシー | お問い合わせ