ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 法制史研究 59

法制史學會年報(二〇〇九年)
法制史研究 59
法制史學會 編
法制史研究 59
発 行2010年3月30日
税込定価8,640円(本体8,000円)
判 型A5判並製
ページ数574頁
ISBN978-4-7923-9193-5
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
≪目次≫

論説
三国魏文帝の法制改革と妖言罪の弾圧 ―古代中国法の一分岐点 (石岡 浩)

叢説
日本古代神祇祭祀法における「法意識」についての基礎的考察 ―大宝神祇令から延喜神祇式へ (榎村寛之)
明治初期における「司法」の形成に関する一考察 ―江藤新平の司法台構想とその典拠にみる議論の諸契機 (山口亮介)
近代日本の公益事業規制 市町村ガス報償契約の法史学的考察 (小石川裕介)
唐律共犯概念再考 ―大陸法的な理解から英米法的な理解へと視点をかえて (陶安あんど)
イングランドの裁判官と裁判 ―1176〜1307年 (ポール・ブランド)

学会動向
EU拡大とヨーロッパ都市法研究 ―ザクセン・マクデブルク法研究を例として (佐藤 団)

書評
会報・追悼の辞
平成20年度法制史文献目録




プライバシーポリシー | お問い合わせ