ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 環境法の基礎

環境法の基礎
松村弓彦 著
環境法の基礎
発 行2010年5月1日
税込定価2,484円(本体2,300円)
判 型A5版並製
ページ数242頁
ISBN978-4-7923-3271-6
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
はしがき
 
第1章 環境と環境法………1
 一 環境法………1
  1 はじめに………1
  2 環境法生成の日独比較………2
   (1) ドイツ………2
   (2) 我が国………4
  3 環境法の体系と環境法典編纂事業………8
 二 環 境………10
  1 各国法上の定義………10
  2 我が国の法制度………11
  3 考 察………12
 三 環境権と環境配慮義務………13
  1 環境権………13
   (1) 環境権論………13
   (2) ドイツにおける環境権論………14
  2 環境配慮義務………16
   (1) 比較法………16
   (2) 我が国における課題………18
 四 環境損害………19
  1 はじめに………19
  2 ドイツ学説………20
   (1) 自然科学上の環境損害………21
   (2) 法的な環境損害の定義………21
   (3) 環境に対する損害………22
  3 考 察………22
   (1) 環境損害を構成する諸元………22
   (2) 定 義………24
  4 環境損害に対する責任………25
   (1) 比較法………25
   (2) 我が国における課題………29
第2章 環境管理………33
 一 環境法におけるリスク管理………33
  1 リスク………33
   (1) 環境負荷起因リスクと環境リスク………33
   (2) リスク概念とリスクの諸元………34
  2 リスク管理………41
   (1) リスク管理水準………41
   (2) リスクの調査・評価・管理………43
   (3) 課 題………45
 二 リスク管理の方法論………49
  1 統合的リスク管理………49
   (1) 統合的リスク管理の考え方………49
   (2) 経 緯………49
   (3) ドイツ統合的事業認可モデル………52
   (4) 統合的環境管理の内容………56
   (5) 統合的環境管理の機能………63
   (6) 課 題………65
   (7) 我が国環境法における統合的環境管理………67
  2 計画的リスク管理………68
   (1) 実効性の担保………69
   (2) オランダ国家環境政策計画………69
 三 リスク管理と原則論・政策手法論………71
  1 リスク管理と原則論………71
  2 リスク管理と政策手法論………72
 四 役割分担………74
  1 共同の責任………74
  2 国・地方公共団体の責任………75
   (1) 事 例………75
   (2) 考 察………81
第3章 環境法の原則………83
 一 はじめに………83
  1 比較法・学説………83
  2 行動準則………87
  3 固有性………89
 二 伝統的3原則………90
  1 予防原則………90
   (1) 経 緯………90
   (2) 考 察………103
   (3) 周辺原則………105
  2 原因者負担原則………107
   (1) はじめに………107
   (2) 原因者負担原則の内容………108
   (3) その他の帰責原則………117
   (4) 公的負担原則………129
  3 協調原則………131
   (1) 制定法上の協調原則………131
   (2) 判例上の協調原則………132
   (3) 学 説………133
   (4) 意義と性格………133
   (5) 類型と発現形式………137
   (6) 周辺の原則−−透明性原則………140
 三 その他の論点………141
  1 自己責任原則………141
   (1) はじめに………141
   (2) ドイツ環境法上の自己責任原則………143
   (3) 考 察………147
  2 統合的環境管理は環境法の原則か?………155
   (1) 学 説………156
   (2) 考 察………159
  3 持続的発展は環境法の原則か?………162
   (1) 持続的発展の考え方………162
   (2) 持続的発展は環境法の原則か………181
  4 環境法における信頼保護原則の適用………192
   (1) ドイツにおける信頼保護原則の適用………192
   (2) 我が国における信頼保護原則………201
   (3) 環境法における信頼保護原則………202
 参考文献………203




プライバシーポリシー | お問い合わせ