ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 不真正不作為犯の体系と構造

刑法理論の基礎
不真正不作為犯の体系と構造
吉田敏雄 著
不真正不作為犯の体系と構造
発 行2010年9月10日
税込定価2,310円(本体2,100円)
判 型A5版並製
ページ数216頁
ISBN978-4-7923-1883-3
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目  次

はしがき

序  章……………1

第1章 不作為犯総説……………7
 機”垪邂挌箸梁侶呂伴鑪燹帖帖帖帖7
 供/神吃垪邂挌函帖帖帖帖9
 掘”埒神吃垪邂挌函帖帖帖帖11
 検(9臈行為態様における作為と不作為……………14

第2章 不真正不作為犯の構成要件……………27
 機ゝ甸囘構成要件……………27
  1 結果回避義務を基礎付ける状況  27
  2 必要な作為の非着手(不作為)  28
  3 必要な作為に着手する事実上の可能性(個別行為能力)  30
  4 結果の発生  34
  5 不作為の因果関係  35
  6 保障人の地位  43
 供ー膣囘構成要件要素……………110
  1 故意の内容と対象  110
  2 構成要件的錯誤  114
 掘ゝ甸囘帰属……………115

第3章 違 法 性……………135
  1 緊急避難  135
  2 保障人の義務衝突  137
  3 被害者の承諾  140
  4 正当防衛  141

第4章 責  任……………143

第5章 未  遂……………147

第6章 過失の不真正不作為犯……………157
  1 過失の不真正不作為犯概説  157
  2 管理過失・監督過失  159

第7章 不作為による正犯と共犯……………173
  1 間接正犯  173
  2 共同正犯  175
  3 不作為犯に対する作為による共犯  180
  4 不作為による共犯  182




プライバシーポリシー | お問い合わせ