ご案内

書籍一覧

分類一覧



ホーム > 書籍詳細 > 各国憲法の差異と接点

初宿正典先生還暦記念論文集
各国憲法の差異と接点
大石 眞/土井真一/毛利 透 編集委員
各国憲法の差異と接点
発 行2010年10月20日
税込定価16,200円(本体15,000円)
判 型A5版上製
ページ数730頁
ISBN978-4-7923-0498-0
在庫があります 
在庫があります
■内容紹介
目次
 
 はしがき
第1部 思想と理論
消極国家とはどんな国家か――シュミットとハイエク――……………………毛利 透  3
トマス・ジェファソンと自己統治の観念
 ――ポピュリズム憲法理論の一断面――………………………………………岸野 薫 31
第三共和制の成立とアデマール・エスマンの国民主権論………………………時本義昭 51
ドイツ基本法の「たたかう民主制(streitbare Demokratie)」との差異􌗉
 ――憲法保障構想の探求のために……………………………………………山中倫太郎 87
 
第2部 統治の組織と作用
ドイツにおける議会制論についての一考察
 ――ドイツ議会制論検討の予備的考察―― …………………………………高田 篤 123
解散の原理とその運用……………………………………………………………赤坂幸一 141
イギリスの会計検査院……………………………………………………………上田健介 163
通貨価値の安定と憲法……………………………………………………………片桐直人 187
「皇位継承制度」覚書………………………………………………………………原田一明 211
 
第3部 違憲審査と裁判の諸相
違憲審査機能の分散と統合………………………………………………………大石 眞 237
司法審査とその「実践(practice)」
 ――アメリカ憲法学における一側面を手がかりに…………………………尾形 健 255
司法積極主義とわが国の最高裁…………………………………………………大沢秀介 287
統治行為の根拠についての考察…………………………………………………齊藤芳浩 327
合憲性判断の手法とその拘束力…………………………………………………井口文男 359
現代型訴訟としての水俣病事件…………………………………………………樺島博志 383
 
第4部 基本権論の展開
戦後ドイツにおける基本権論の展開の出発点
 ――一般的行為自由説への一視角―― ………………………………………櫻井智章 421
人権の階層化のこころみ
 〜条約における「停止し得ない権利」を題材として〜 ……………………稲葉実香 445
アメリカにおける胎児の保護をめぐる憲法論争の一断面
 ―― Ferguson v. City of Charleston(2001年)判決を手がかりに――
  ……………………………………………………………………………………皸耆鞠掘473
妊娠中絶の権利は「自己決定権」か――公私区分の一断面…………………中山茂樹 495
公民権法上禁止されている差別的効果を回避するための
 事後的措置が、正当化できない差別的取扱いとなる場合の
 判断基準としての「証拠における強固な基盤」の基準……………………松本哲治 521
労働関係における信仰の自由の保障と限界
 ――ドイツの判例を中心に―― ………………………………………………倉田原志 541
宗教を目的とする土地の利用と信教の自由……………………………………田近 肇 563
ドイツにおける私法上の宗教団体………………………………………………須賀博志 583
憲法から見た一般社団法人制度――結社の自由の視点からの検討―― ……井上武史 611
メディア法における共同規制(コレギュレーション)について
 ――ヨーロッパ法を中心として―― ………………………………………曽我部真裕 637
自治の名による権利侵害と日本国憲法…………………………………………藤井樹也 663
 
初宿正典先生 略歴・著作目録




プライバシーポリシー | お問い合わせ